型月民が愛読書とかを語る #4

320

  • 1名無し2019/07/12(Fri) 22:02:38ID:IxNTczMDQ(1/5)NG報告

    いつも共に型月作品を語りあっている皆さんが一体どんな小説・マンガ・娯楽作品を嗜んでいるのか気になってスレを立てたいと思いました。規則は特に無しある程度の範囲内なら自由に騒いでOK!本やお話などに関係あることならどんな話をしてもOKなゆるふわ空間です。名前の出てこない本の質問や本に関するクイズの出題、お題を出したり雑談したり、他の人の迷惑にならない程度なら作品の宣伝もOKです。説話や民話、ネットの小話、同人誌などもある程度はOKです。
    なおR-18やBLなどちょっと読む人を選ぶもの、政治宗教などコメントが荒れやすいものは文学的な用法用量の範囲でお願いいたします。
    どうぞ自由にお気軽にご利用ください!
    前スレ
    「型月民が愛読書とかを語る #3」
    https://bbs.demonition.com/board/3691/
    「型月民が愛読書とかを語る #2」
    https://bbs.demonition.com/board/3580/
    「型月民が愛読書とかを語る」
    https://bbs.demonition.com/board/3421/
    関連スレ
    「創作談義で盛り上がるスレ」
    https://bbs.demonition.com/board/3643/
    次にスレを立てるのは>>950を踏んだ人が行ってください

  • 2名無し2019/07/13(Sat) 11:20:10ID:E4NjU3NTg(1/2)NG報告

    SFと言ったらジュール・ヴェルヌでしょう!
    『地底旅行』は名作

  • 3名無し2019/07/13(Sat) 11:20:37ID:E4NjU3NTg(2/2)NG報告

    >>1
    あ、建て乙

  • 4名無し2019/07/13(Sat) 11:34:34ID:Y3NzY4MTg(1/1)NG報告

    >>2
    『海底二万マイル』の人でもあるよね!
    映画のセンター・オブ・ジ・アースも面白かったよ
    自分はロバート・ルイス・スティーヴンソンかな?SFと言って良いのかわからないけど『ジキル博士とハイド氏』は科学を無責任に使用することの危険性を説いた名作だと思うよ。ジキル博士が分別のない科学の危険性の体現者みたいになってるけど、彼は悪い人というか科学を人間に都合の良い道具として盲信してたのが失敗だったのかなぁと思うよ

  • 5名無し2019/07/13(Sat) 11:44:26ID:g0MjQzNTE(1/1)NG報告

    立ておつ、ジュラシックパークもSFに入れて良いかな?

  • 6名無し2019/07/13(Sat) 11:59:21ID:U3NzE5MjQ(1/4)NG報告

    SFというとアイザック・アシモフかな。
    「うそつき」が印象的だった。ロボット三原則をプログラムされたならそうするわなって納得した。

  • 7名無し2019/07/13(Sat) 12:01:58ID:E1MzQwNjI(1/1)NG報告

    >>6
    アシモフは科学者としても活動してた人だったね

  • 8名無し2019/07/13(Sat) 12:04:00ID:U3NzE5MjQ(2/4)NG報告

    >>5
    サイエンス・フィクション(英語: Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。(by Wikipedia)

    なのでいいと思うよ。

  • 9名無し2019/07/13(Sat) 13:04:41ID:kyNzI2MjM(1/1)NG報告

    アーサー・C・クラークの2001年宇宙の旅は外せないと思うの、猿が石版の影響で道具を使うようになったシーンとか宇宙人との邂逅のシーンは誰でも知ってる有名な場面だよね

  • 10名無し2019/07/13(Sat) 13:16:02ID:M1NzYwOTg(1/1)NG報告

    >>9
    「2001年宇宙の旅」って結局何でAIがバグったんだっけ?それと何で宇宙人は地球人(というか猿)に接触したんだっけ?中学生の頃小説版をチラッと読んだだけのうろ覚え知識だからわからない所が多いのよー

  • 11名無し2019/07/13(Sat) 13:55:45ID:U3MTMyMTI(1/2)NG報告

    スティーブン・キングのホラーって実はSFな内容のとかあるよね「it」とか「ミスト」とか

  • 12名無し2019/07/13(Sat) 13:58:52ID:U3MTMyMTI(2/2)NG報告

    >>5
    ジュラシックパークって化石からとったDNAを今生きている特徴の似ている生物と合体させて恐竜を産み出しているんだったかな?だから100%恐竜ではないんだよね?確か

  • 13名無し2019/07/13(Sat) 14:22:46ID:k4NjczNzU(1/3)NG報告

    >>11
    ダークタワーとかね

  • 14名無し2019/07/13(Sat) 14:26:45ID:k4NjczNzU(2/3)NG報告

    ロバート・A・ハインラインの『夏への扉』とか良いぞ

  • 15名無し2019/07/13(Sat) 14:27:41ID:k4NjczNzU(3/3)NG報告

    >>10
    小説版は映画版とはちょっと内容違うからなぁ~

  • 16名無し2019/07/13(Sat) 15:28:37ID:M3ODk0MjQ(1/1)NG報告

    銀河英雄伝もSFとしては良い所を開拓したと思うの

  • 17名無し2019/07/13(Sat) 16:04:25ID:g4Mzg5NzE(1/3)NG報告

    >>11
    確か ダークタワーの機能が崩壊して異次元の歪みが発生、異世界の生命体が人間世界に侵入 それがitやミストに出ていた怪物で他にも異次元の歪みの影響で人間世界でも異常現象が発生 そのせいでシャイニングのホテルは人を食べるようになってキャリーは異能力に目覚めた

  • 18名無し2019/07/13(Sat) 16:05:11ID:g4Mzg5NzE(2/3)NG報告

    >>16
    ロイエンタールの声の若本格好いいよね

  • 19名無し2019/07/13(Sat) 16:07:45ID:g4Mzg5NzE(3/3)NG報告

    >>10
    あれ?宇宙人から接触して来たんだっけ?人間がたまたまロゼッタ・ストーン見つけたんじゃなかったか…

  • 20ガイ・フォークス2019/07/13(Sat) 16:21:41ID:EzMDI4OTc(1/1)NG報告

    >>19
    ざっくり言うと、宇宙人の導きに従って人間が色々な試練を乗り越えて、野性→機械→超人という風に進化していく話です!
    人類が機械社会から脱却して、自分の意思で行動するようになろうよ!みたいな意味合いが込められているとかいないとか。

  • 21名無し2019/07/13(Sat) 16:38:36ID:c4NjA1NDE(1/2)NG報告

    >>20
    そんな意味が込められていたんだ…
    時間があったらじっくり見てみようかな

  • 22名無し2019/07/13(Sat) 16:41:41ID:c4NjA1NDE(2/2)NG報告

    >>16
    銀河英雄伝って物語の中で歴史が動いてる感じが面白いよね、歴史の目撃者みたいな?

  • 23名無し2019/07/13(Sat) 16:46:28ID:U2Nzk4OTY(1/2)NG報告

    >>8
    これにゴジラは含まれるだろうか…うーむ…

  • 24名無し2019/07/13(Sat) 16:50:07ID:U2Nzk4OTY(2/2)NG報告

    >>14
    夏への扉はザ・タイムトラベルものって感じで良いよね

  • 25名無し2019/07/13(Sat) 17:35:14ID:Y4MzI1MDM(1/4)NG報告

    >>17
    どれもこれもダークタワーぶっ壊した奴が悪い

  • 26名無し2019/07/13(Sat) 17:35:51ID:Y4MzI1MDM(2/4)NG報告

    >>23
    ゴジラって水爆で産まれた生き物だっけ?

  • 27名無し2019/07/13(Sat) 17:36:23ID:Y4MzI1MDM(3/4)NG報告

    >>18
    もうあの若い声は出せないのかなぁ

  • 28名無し2019/07/13(Sat) 17:39:20ID:Y4MzI1MDM(4/4)NG報告

    >>2
    地球空洞説を元にしたやつだっけ?自分の記憶だと地球の中の世界にはうすぼんやりと光があったり青い鳥がいたり海に海竜みたいなのがいるんだよね

  • 29名無し2019/07/13(Sat) 18:05:46ID:Y0ODgzMjQ(1/1)NG報告

    >>26
    初代ゴジラは作中情報だと、「海底の洞窟に潜んでいた200万年前のジュラ紀の生物が、たび重なる水爆実験のために安住の地を追われたのではないか」と言われている。

  • 30名無し2019/07/13(Sat) 18:24:01ID:M0MzI5ODU(1/3)NG報告

    >>29
    ジュラ紀の海の生物だったのか…ってことはマグロ食うイグアノドンはあながち間違いでは無かった…?(混乱)

  • 31名無し2019/07/13(Sat) 18:26:45ID:M0MzI5ODU(2/3)NG報告

    >>28
    これ映画だと最後に地下の青い鳥が着いてきてて、地下世界のことをそれで実証できたんだったよね

  • 32名無し2019/07/13(Sat) 18:34:10ID:M0MzI5ODU(3/3)NG報告

    >>4
    仕方ないとはいえ実行する前にもっとやるべきことってか調べる必要とかあったよね…

  • 33名無し2019/07/13(Sat) 19:55:00ID:M3ODA5NzM(1/2)NG報告

    サイコ・ホラーの中にもSFと呼べるものはあるよね

  • 34名無し2019/07/13(Sat) 19:57:24ID:M3ODA5NzM(2/2)NG報告

    >>30
    ジラは恐竜パニックモノとしては良作だから…(震え)

  • 35名無し2019/07/13(Sat) 20:18:00ID:YyMTg5NjM(1/2)NG報告

    ふむふむ、案外色々な作品がSFに入るんだな
    ところでこの方はSFに入るんだろうか?

  • 36名無し2019/07/13(Sat) 20:54:16ID:E0NjE3MTk(1/2)NG報告

    >>14
    >>24
    ロバートさんの小説は面白いから読んだりすることもあるんだけど、図鑑に 『宇宙の戦士』では軍国主義を賛美する兵士の描写があったことから右翼と呼ばれ、一方の社会主義者の名残が表れている『月は無慈悲な夜の女王』では左翼と呼ばれ…なんてかかれるくらい過激な人でもあるからこの人の本はちょっとヒヤヒヤしながら読むことが多いね…

  • 37名無し2019/07/13(Sat) 20:55:40ID:E0NjE3MTk(2/2)NG報告

    >>33
    This Man を題材にしたホラー?面白そう

  • 38名無し2019/07/13(Sat) 20:59:26ID:U0NTIwNzk(1/1)NG報告

    >>35
    この方はなんでもありなのでやろうと思えばどのジャンルでもいけるが、基本ホラーやファンタジーがメインではなかろうか。

  • 39名無し2019/07/13(Sat) 21:10:05ID:A4NDgwNTc(1/3)NG報告

    >>35
    コズミック・ホラーはSFに入る…のだろうか…?

  • 40名無し2019/07/13(Sat) 21:12:45ID:A4NDgwNTc(2/3)NG報告

    >>38
    ファンタジー…?って思ったけどそういえばこの人ドリームランドでもノーデンスさんいじったり色々と仕事もしてたっけねー 彼は暇をもて余すだけの神ではないのだな

  • 41名無し2019/07/13(Sat) 21:14:33ID:A4NDgwNTc(3/3)NG報告

    そういえばこのにゃるさまと合体したBBちゃんが先輩呼びしてる白野さんが出てくるエクストラ系列ってSFって言っても良いのだろうか?

  • 42名無し2019/07/13(Sat) 21:31:47ID:Y0MTgwMDU(1/2)NG報告

    >>36
    作品は好きだけど、作家さんの主義思想と自分の主義思想はまったく噛み合わないみたいなことよくあるよね、まぁ作品は好きだから買うんだけど

  • 43名無し2019/07/13(Sat) 21:32:41ID:Y0MTgwMDU(2/2)NG報告

    >>37
    ディスマンと言うと世にも奇妙な物語のあれが出てくる

  • 44名無し2019/07/13(Sat) 22:41:37ID:g3MDg2OTE(1/2)NG報告

    >>36
    ロバート・アンスン・ハインラインは確かに直接的過ぎる所もあるよね、でもあの人はSF界の長老とかアイザック・アシモフ、アーサー・C・クラークと合わせて世界SF界のビッグスリーとも言われたりしてるからSFの実力は間違いないし、作家の主義思考だって割りきれてるみたいだからSFの部分で評価してあげて欲しいかなと

  • 45名無し2019/07/13(Sat) 22:43:50ID:g3MDg2OTE(2/2)NG報告

    >>40
    にゃるさまノーデンスさんにちょっかいだして反撃くらって唖然としてましたね…(興味のある子に素直に話かけられないいたずらっ子かな?)

  • 46名無し2019/07/13(Sat) 22:58:37ID:Y3MDc5MzQ(1/4)NG報告

    >>36
    ロバートさんの『大宇宙の少年』、『ガニメデの少年』、『スターマン・ジョーンズ』みたいにジュブナイルの要素がある作品すきよ

  • 47名無し2019/07/13(Sat) 23:10:19ID:Y3MDc5MzQ(2/4)NG報告

    あー、まぁロバートさんはちょっと過激な所もあるよね『レッド・プラネット』って本だと若者による革命っていう結構過激なテーマを扱っているし、しかもこれ子供が武器を持って戦う場面があってドロドロした描写もあったから編集に注意されたらしいのよね、ただそこら辺だけ気を付ければロバートさんの本は悪くは無いと思うよ、後この人に限らず本に載ってる過激な部分は「あぁ、この本を読む時は過激な部分に囚われないようにしよう」って自分の考えはしっかり持ちながらも、自分がその本にかけてるバイアスとかに注意してその本の良い部分を見つければ良いからね。うん、そこら辺だけ気をつけて読書を更に楽しもうよ!だぜ?

  • 48名無し2019/07/13(Sat) 23:12:39ID:Y3MDc5MzQ(3/4)NG報告

    >>44
    だねー、どの作品もそういう風に楽しめるようになりたいねぇ

  • 49名無し2019/07/13(Sat) 23:16:45ID:Y3MDc5MzQ(4/4)NG報告

    >>45
    そう考えるとちょっと可愛いかも…

  • 50名無し2019/07/13(Sat) 23:23:19ID:U5NTM0MTE(1/3)NG報告

    SF関係ないけどこの本オススメだよ

  • 51名無し2019/07/13(Sat) 23:33:31ID:U5NTM0MTE(2/3)NG報告

    >>36
    ロバート・ハインラインは説教臭くて苦手だったなぁ…結構過激な発言も多かったし、特に「悪徳なんかこわくない」とかはちょっとえげつないというか変だし気持ち悪いから読むのが辛い感じの本なんだよね…「異星の客」はまだ読み易かったけどちょっと独りよがりな所があってそこだけ苦手だった。でもこれは自分の意見だからこの作家さんが駄目って言ってる訳ではないよ

  • 52名無し2019/07/13(Sat) 23:35:23ID:U5NTM0MTE(3/3)NG報告

    >>44
    >>48
    そうだね、自分もそういう風に作品と作者を別々だと割りきって考えられるようになりたいよ

  • 53名無し2019/07/13(Sat) 23:53:07ID:YxOTQyMjA(1/2)NG報告

    >>50
    こんな表紙ですけど本格伝奇モノです
    ぬら孫っぽいとか言われてるいます

  • 54名無し2019/07/13(Sat) 23:57:46ID:YxOTQyMjA(2/2)NG報告

    >>51
    『異星の客』や『愛に時間を』は作者の自己言及の為の作品でもあるからねぇ独りよがりっぽくなっちゃうのは多少仕方ないのかも知れないねぇ、特に『ウロボロス・サークル』なんかはそれが顕著なっているよ。自分もそこら辺に気をつけて楽しんで読めるようになりたいよ。

  • 55名無し2019/07/14(Sun) 00:10:30ID:AyNjQxMDA(1/3)NG報告

    完結してほしいようなまだ完結してほしくないような

  • 56名無し2019/07/14(Sun) 00:12:15ID:AyNjQxMDA(2/3)NG報告

    >>51
    >>54
    そこら辺上手く切り替えられるようになると読書も楽になるんだけどね、気長に慣れるしかないかー

  • 57名無し2019/07/14(Sun) 00:12:55ID:AyNjQxMDA(3/3)NG報告

    >>53
    ぬら孫?それは興味あるなぁ

  • 58名無し2019/07/14(Sun) 00:34:35ID:A3MjcyMDg(1/1)NG報告

    >>9
    アーサー・C・クラークって科学解説者としても知られていたんだね、全然知らなかった。アシモフとかSFは必然的に科学に関わる人が多くなるのかな?

  • 59名無し2019/07/14(Sun) 00:54:50ID:ExMTA5MTI(1/2)NG報告

    >>55
    なにこの素敵家族(キュン)

  • 60名無し2019/07/14(Sun) 00:55:21ID:ExMTA5MTI(2/2)NG報告

    >>58知識必要だから必然的にそうなるのかな?

  • 61名無し2019/07/14(Sun) 01:10:01ID:UzOTYzNzA(1/1)NG報告

    >>11
    スティーブン・キングだと最近出版された「ミスター・メルセデス」とか

  • 62名無し2019/07/14(Sun) 09:35:01ID:U2NDcxNTQ(1/4)NG報告

    アーサー・C・クラークの楽園の泉、普通に良い

  • 63名無し2019/07/14(Sun) 09:37:05ID:U2NDcxNTQ(2/4)NG報告

    >>58
    多分野で功績を残した人って良いよね…憧れる

  • 64名無し2019/07/14(Sun) 09:41:15ID:U2NDcxNTQ(3/4)NG報告

    >>47
    精神科医の先生が、自分がどんなバイアスをかけて対象を見ているか考えながら観察するのが良いって言ってたなぁ

  • 65名無し2019/07/14(Sun) 09:43:32ID:U2NDcxNTQ(4/4)NG報告

    >>61
    ちょっと記憶が曖昧なんだけど、メルセデスベンツのメルセデスってモンテ・クリスト伯爵に登場するメルセデスからだっけ?それとも奥さんの名前とかだっけ?

  • 66名無し2019/07/14(Sun) 10:41:29ID:QxMjQ4NzI(3/4)NG報告

    >>65
    Wikipedia先生によるとこんな感じ。

    メルセデス・ベンツ(独: Mercedes-Benz)は、ドイツのダイムラーが所有する乗用車、商用車のブランドである。

    「メルセデス」とは、1899年当時、ダイムラー車のディーラー(販売代理店)を経営していたオーストリア=ハンガリー帝国の領事でありユダヤ系ドイツ人の富豪であるエミール・イェリネック(de:Emil Jellinek)の娘(de:Mercédès Jellinek)の名前である。

  • 67名無し2019/07/14(Sun) 11:47:50ID:EzMzExOTg(1/2)NG報告

    >>66
    娘さんの名前だったのかーここに来ると頭良くなるね

  • 68名無し2019/07/14(Sun) 11:49:23ID:EzMzExOTg(2/2)NG報告

    >>64
    確かに自分が他の人をどういう目で見てるか自己認識してコミュニケーションする方が円滑にことが進むしね

  • 69名無し2019/07/14(Sun) 11:55:22ID:Y1MzE1MDA(1/4)NG報告

    うぇー13の理由見てきたけどえげつないなーあれ

  • 70名無し2019/07/14(Sun) 11:56:28ID:Y1MzE1MDA(2/4)NG報告

    >>55
    スパイ家族でキムポッシブル思い出した

  • 71名無し2019/07/14(Sun) 11:58:06ID:Y1MzE1MDA(3/4)NG報告

    >>58
    アーサーのSFは良いぞ!試しに宇宙への序曲とかどう?

  • 72名無し2019/07/14(Sun) 11:58:56ID:Y1MzE1MDA(4/4)NG報告

    >>62
    火星の砂もおすすめ!

  • 73名無し2019/07/14(Sun) 13:46:57ID:IxMTkwMjQ(1/3)NG報告

    SFかぁ『渇きの海』とか?

  • 74名無し2019/07/14(Sun) 13:48:30ID:IxMTkwMjQ(2/3)NG報告

    >>72
    『幼年期の終り』も良い作品だから読んでみて!

  • 75名無し2019/07/14(Sun) 13:51:21ID:IxMTkwMjQ(3/3)NG報告

    >>37
    ThisManはアメリカ軍部の機密情報の生物兵器でうんぬんみたいな話あったねーそういえば

  • 76名無し2019/07/14(Sun) 13:57:20ID:UzMjAzNzY(1/2)NG報告

    サー・アーサー・チャールズ・クラークの『イルカの島』『遥かなる地球の歌』『楽園の泉』『星々の揺籃』あたりはおすすめだよSF好きなら是非読むべし!

  • 77名無し2019/07/14(Sun) 13:58:32ID:UzMjAzNzY(2/2)NG報告

    >>70
    あれってディズニーアニメで良いのかな?それともピクサーみたいに他の所がつくってるのかな?

  • 78名無し2019/07/14(Sun) 14:03:31ID:UxOTc2OTQ(1/3)NG報告

    >>69
    YouTubeの広告で良く出る奴じゃん、興味あったんだけど怖い話なのあれ…?デビルマンのリメイクアニメも作ってたし悪魔城ドラキュラのアニメも公開してたしネットフリックスって凄いんだな

  • 79名無し2019/07/14(Sun) 14:04:45ID:UxOTc2OTQ(2/3)NG報告

    >>77
    ディズニーで超人家族って言われると例のヒーロー家族が浮かぶ

  • 80名無し2019/07/14(Sun) 14:06:45ID:UxOTc2OTQ(3/3)NG報告

    >>41
    月の聖杯戦争はAIみたいなのが管理してたはずだし
    SFって言っても遜色ないと思うよ

  • 81名無し2019/07/14(Sun) 14:26:04ID:MxNTc3NDI(1/3)NG報告

    メトロイドに漫画あったんだね

  • 82名無し2019/07/14(Sun) 14:29:55ID:MxNTc3NDI(2/3)NG報告

    >>79
    僕らのヒーローアカデミーはじめて見たとき社会公認のヒーローってところで似てるなぁって思った

  • 83名無し2019/07/14(Sun) 14:30:28ID:MxNTc3NDI(3/3)NG報告

    >>78
    ドラキュラアニメになってたのか!!

  • 84名無し2019/07/14(Sun) 14:34:36ID:c5NTE2NDY(1/1)NG報告

    >>80
    BBちゃんもAIだね

  • 85名無し2019/07/14(Sun) 14:46:19ID:MxMDY2MTA(1/5)NG報告

    『マグニチュード10』はいかが?

  • 86名無し2019/07/14(Sun) 14:48:20ID:MxMDY2MTA(2/5)NG報告

    >>84
    ムーンセルからして機械が絶対のルール管理者みたいな感じだからね、こういうの何て言うんだっけ?ディストピア?

  • 87名無し2019/07/14(Sun) 14:50:15ID:MxMDY2MTA(3/5)NG報告

    >>76
    アーサー・C・クラークは功績が凄い、残した名作も多いし後世に与えた影響がデカイ!三島由紀夫にも影響与えてたね

  • 88名無し2019/07/14(Sun) 14:53:50ID:MxMDY2MTA(4/5)NG報告

    >>81
    子供の頃のサムスこんな感じだったんだなぁ

  • 89名無し2019/07/14(Sun) 14:54:11ID:MxMDY2MTA(5/5)NG報告

    >>88
    貼りわすれ

  • 90名無し2019/07/14(Sun) 14:59:56ID:IwMTExODI(1/2)NG報告

    >>83
    意外な作品がアニメやマンガになってたことあるよね

  • 91名無し2019/07/14(Sun) 15:00:42ID:IwMTExODI(2/2)NG報告

    >>89
    かわいいなぁ…なでなでしてそのままお持ち帰りしたい

  • 92名無し2019/07/14(Sun) 15:43:30ID:kwMzQ2Njg(1/2)NG報告

    SFっていうと、地球温暖化の影響で氷が溶けたのと異常気象の影響で海面温度が一気に変化してアメリカ本土を猛吹雪が襲うっていう映画があったよね、あね何て名前だったかな

  • 93名無し2019/07/14(Sun) 15:46:03ID:kwMzQ2Njg(2/2)NG報告

    >>61
    小説の中で怪異とか怪人の通称名みたいなのがあるのめっちゃ好き

  • 94名無し2019/07/14(Sun) 16:07:52ID:g1MzY0MjA(1/1)NG報告

    >>92
    「デイ・アフター・トゥモロー」のことかな?

  • 95名無し2019/07/14(Sun) 16:30:16ID:MyNjMzMDg(1/3)NG報告

    >>81
    えぇ…(困惑)リドリーこんなにしゃべるんか…

  • 96名無し2019/07/14(Sun) 16:33:14ID:MyNjMzMDg(2/3)NG報告

    >>91
    イエスロリショタノータッチのルールも守れない獣がぁ…!ここにいたか…!成敗してくれる!(殺意マシマシ)

  • 97名無し2019/07/14(Sun) 16:34:22ID:MyNjMzMDg(3/3)NG報告

    >>90
    P5アニメはもうちょっと何とかならなかったですかね…(悲しみ)

  • 98名無し2019/07/14(Sun) 16:49:12ID:Q4OTAwOTI(1/2)NG報告
  • 99名無し2019/07/14(Sun) 16:53:23ID:Q4OTAwOTI(2/2)NG報告

    >>95
    恐竜っぽい見た目であんまり喋るイメージわかないだろうけど、リドリーはめちゃくちゃ喋るよ?頭も良いし残忍な謀略家だからね しかも実はお偉いさん

  • 100名無し2019/07/14(Sun) 17:05:30ID:M1NjUyMjQ(1/2)NG報告

    >>94
    監督のローランド・エメリッヒさんってインデペンデンス・デイの人なのか

  • 101名無し2019/07/14(Sun) 17:07:07ID:M1NjUyMjQ(2/2)NG報告

    >>98
    オイラーってオイラーの定理のオイラーか!

  • 102名無し2019/07/14(Sun) 19:13:23ID:I2NTM2MzI(1/8)NG報告

    >>95
    リドリーさんはこんな人

  • 103名無し2019/07/14(Sun) 19:14:01ID:I2NTM2MzI(2/8)NG報告

    >>102
    リドリーさんはこんな人

  • 104名無し2019/07/14(Sun) 19:14:21ID:I2NTM2MzI(3/8)NG報告

    >>103
    リドリーさんはこんな人

  • 105名無し2019/07/14(Sun) 19:14:42ID:I2NTM2MzI(4/8)NG報告

    >>104
    リドリーさんはこんな人

  • 106名無し2019/07/14(Sun) 19:28:51ID:I2NTM2MzI(5/8)NG報告

    任天堂ゲームのコミックって案外長生きなのかな、スーパーマリオくんとかペポカービィとか長く続いたし、ゼルダとかファイヤーエンブレムもいくつか漫画になってたみたいだね、ポケモンは殿堂入りだし

  • 107名無し2019/07/14(Sun) 19:44:29ID:M1NzEwMTg(1/3)NG報告

    ういっす、インフィニット・デンドログラムもっと流行らないかなぁ、周りの人が本当に知らないんだよなぁ…インフィニット・デンドログラム流行れ…!流行れ…!

  • 108名無し2019/07/14(Sun) 19:47:12ID:M1NzEwMTg(2/3)NG報告

    >>105
    閣下の台詞妙にチンピラっぽくて好き

  • 109名無し2019/07/14(Sun) 19:48:40ID:M1NzEwMTg(3/3)NG報告

    >>95
    スペースパイレーツの最高幹部なんだぜ!閣下

  • 110名無し2019/07/14(Sun) 20:08:20ID:A4NDQyMDQ(1/4)NG報告

    >>106
    見たまえこのイケメンを!

  • 111名無し2019/07/14(Sun) 20:09:37ID:A4NDQyMDQ(2/4)NG報告

    >>99
    リドリーはこういうことする奴だからな

  • 112名無し2019/07/14(Sun) 20:09:56ID:A4NDQyMDQ(3/4)NG報告
  • 113名無し2019/07/14(Sun) 20:10:49ID:A4NDQyMDQ(4/4)NG報告

    >>108
    ここのシーンでニタニタしてるの好き

  • 114名無し2019/07/14(Sun) 20:29:39ID:MwMjYwMTQ(1/3)NG報告

    >>71
    アーサー・C・クラークなら宇宙のランデヴーもどう?

  • 115名無し2019/07/14(Sun) 20:31:23ID:MwMjYwMTQ(2/3)NG報告

    >>75
    よくあるアメリカ軍部都市伝説好きよ

  • 116名無し2019/07/14(Sun) 20:34:54ID:MwMjYwMTQ(3/3)NG報告

    >>93
    わかる!良いよねああいうの!
    都市伝説の名称のかっこよさったらないよね!
    二つ名とか仮の名前みたいなのも大好き!

  • 117名無し2019/07/14(Sun) 20:38:36ID:U4NTYwMTQ(1/6)NG報告

    >>109
    クリスタルボーイみたいなキャラなんだなリドリー

  • 118名無し2019/07/14(Sun) 20:42:37ID:czMzg2MTA(1/2)NG報告

    >>114
    『2010年宇宙の旅』 『2061年宇宙の旅』『3001年終局への旅』っ『2001年宇宙の旅』の続編があることに驚いた

  • 119名無し2019/07/14(Sun) 20:45:56ID:czMzg2MTA(2/2)NG報告

    >>112
    えぇ…(困惑)とんでもない外道やん!目の前で親殺されてサムスはよくまともに成長できたな…

  • 120名無し2019/07/14(Sun) 21:14:45ID:EwMDA3OTQ(1/2)NG報告

    >>81
    メトロイドというとこんな漫画もあったねぇ

  • 121名無し2019/07/14(Sun) 21:17:03ID:EwMDA3OTQ(2/2)NG報告

    >>110
    オオカミにもなるんだぜこのイケメン
    >>106
    どうぶつのもりも映画化したしねぇ

  • 122名無し2019/07/14(Sun) 21:28:59ID:gxNDYyMTA(1/1)NG報告

    今日のNHK日曜美術館がかこさとしさんだったわ懐かしい。
    本棚の整理が落ち着いたら次は「未来のだるまちゃんたちへ」でも読もうかな。
    そう言えば自分はだるまちゃんシリーズとかどろぼうがっこうとかからすのパンやさんとか中心だったからあんまり知らなかったけど、科学絵本系もたくさん描いていらしたんだね。
    図書館で見つけたらそっちも借りて読んでみようかな。

  • 123名無し2019/07/14(Sun) 21:34:33ID:M4MzY2NDI(1/3)NG報告

    >>120
    CFもそうだったけど、原作主人公がメンタル強過ぎるからオリジナルの主人公を立てて原作主人公を大人の立場で絡ませるって方法が上手い見せ方だよね

  • 124名無し2019/07/14(Sun) 21:35:20ID:M4MzY2NDI(2/3)NG報告

    この二人の掛け合いが良いんだよね

  • 125名無し2019/07/14(Sun) 21:38:30ID:M4MzY2NDI(3/3)NG報告

    >>117
    原作ゲームはアクションでバババって早いシーンが切り替わるからリドリーの凶悪さはこれ程ではないけどこういう本とかになるとそのヤバさを遺憾無く発揮するね、任天堂ヴィランズだと結構好きだよリドリー

  • 126名無し2019/07/14(Sun) 22:11:28ID:c1MjcxNTY(1/3)NG報告

    >>124
    この男勝りな感じのサムスが

  • 127名無し2019/07/14(Sun) 22:12:15ID:c1MjcxNTY(2/3)NG報告

    >>126
    パワードスーツを脱いだこの瞬間がたまらなく好き

  • 128名無し2019/07/14(Sun) 22:13:37ID:c1MjcxNTY(3/3)NG報告

    >>122
    日曜美術館良いよね、自分はカズオ・イシグロさんの回がお気に入りかな

  • 129名無し2019/07/14(Sun) 22:29:39ID:I1MDM4MTI(1/2)NG報告

    >>128
    ドラマとる為に小説の中に登場した芸術作品をプロの方に製作以来した話だったよね

  • 130名無し2019/07/14(Sun) 22:30:50ID:I1MDM4MTI(2/2)NG報告

    >>82
    まぁ確かに似てるかも

  • 131名無し2019/07/14(Sun) 23:05:05ID:QzNzQ2NjA(1/2)NG報告

    >>122
    からすのパン屋さん良いよね…こんがりやいたパンの色が美味しそうでお腹がすくんだよね

  • 132名無し2019/07/14(Sun) 23:05:49ID:QzNzQ2NjA(2/2)NG報告

    >>129
    浮世の画家かな

  • 133名無し2019/07/15(Mon) 16:08:22ID:gyMjc2NTA(1/3)NG報告

    SFと言ったら火星の人だなぁバケーションと言えばわかる人もいるかな?

  • 134名無し2019/07/15(Mon) 16:09:56ID:gyMjc2NTA(2/3)NG報告

    >>118
    映画が先でその後書いたやつだね

  • 135名無し2019/07/15(Mon) 16:12:26ID:gyMjc2NTA(3/3)NG報告

    >>121
    そこらへん任せられる人に任せてるんかな
    成功率高いものな

  • 136名無し2019/07/15(Mon) 18:00:49ID:k1NzcxMjA(1/2)NG報告

    いまあずまんが大王読んでるけど凄いなこれ、昔の漫画だからって読んでなかったけどこのシュールギャグすげぇよ

  • 137名無し2019/07/15(Mon) 18:01:32ID:k1NzcxMjA(2/2)NG報告

    四コマのシュールさがはんぱないこれ

  • 138名無し2019/07/15(Mon) 18:23:40ID:k4MzU0NjU(1/3)NG報告

    聲の形連載初めの頃はこんな伸びると思わなかったな

  • 139名無し2019/07/15(Mon) 18:25:15ID:k4MzU0NjU(2/3)NG報告

    >>136
    あずまんが大王の人ってよつばとの人と同じなのよな

  • 140名無し2019/07/15(Mon) 18:30:34ID:k4MzU0NjU(3/3)NG報告

    あずまんが大王だと一番好きなのはこれかな
    起きてもた 失敗やー

  • 141名無し2019/07/15(Mon) 18:39:13ID:QyNjM1ODA(1/4)NG報告

    >>136
    あずまんが大王の時点でよつばとっぽい要素はあったのね

  • 142名無し2019/07/15(Mon) 18:40:15ID:QyNjM1ODA(2/4)NG報告

    >>139
    よつばとのこういう感じ好き

  • 143名無し2019/07/15(Mon) 18:41:26ID:QyNjM1ODA(3/4)NG報告

    >>140
    よつばともだけどブラックジョーク多様するな作者さん

  • 144名無し2019/07/15(Mon) 18:43:50ID:QyNjM1ODA(4/4)NG報告

    >>133
    火星でジャガイモ栽培するやつだっけ?
    地面に地上絵みたいの書いてナサに送るやつ

  • 145名無し2019/07/15(Mon) 19:38:27ID:YxODQ1MTU(1/2)NG報告

    『殺戮に至る病』ヤバいな、本格推理小説すげぇ…

  • 146名無し2019/07/15(Mon) 19:39:22ID:YxODQ1MTU(2/2)NG報告

    >>138
    なんか絵に新海味を感じる

  • 147名無し2019/07/15(Mon) 22:39:06ID:gzMzM5MzU(1/1)NG報告

    そういえば透明人間もSFにはいるのかな

  • 148名無し2019/07/15(Mon) 23:00:50ID:I0Nzc4MjA(4/4)NG報告

    >>147
    バリバリSFみたいだね。
    以下Wikipediaの説明

    『透明人間』(とうめい にんげん、英: The Invisible Man、1897年)は、H・G・ウェルズのSF小説。

    自らが開発した薬品によって透明人間に変身した科学者が、ロンドン郊外の村で巻き起こす数々の事件を描いた作品で、SF小説の古典として有名である。

  • 149名無し2019/07/16(Tue) 12:41:49ID:Q5NTQxNDg(1/1)NG報告

    >>148
    透明人間っていつからいるんだろうね?

  • 150名無し2019/07/16(Tue) 12:49:22ID:A4NzkyMDg(1/3)NG報告

    何これ…ナニコレ……(困惑)

  • 151名無し2019/07/16(Tue) 12:50:26ID:A4NzkyMDg(2/3)NG報告

    何これ…ナニコレ……(困惑)

  • 152名無し2019/07/16(Tue) 12:52:11ID:A4NzkyMDg(3/3)NG報告

    >>149
    幽霊が透明人間の要素も織り込んでて昔からあるかも
    幽霊≒透明人間みたいな

  • 153名無し2019/07/16(Tue) 13:32:35ID:Q4ODA3NDg(1/2)NG報告

    >>149
    発祥はわからなかったけどWikiに

    透明人間ではないにせよ、それに類するものは伝承にも見られ、古くからのあこがれであり得たことがわかる。神や物の怪は往々にして目に見えない存在として描かれるが、それが手を触れられない物ならばそれも当然である。しかし、よりしっかりとした実体を持つものでありながら姿が見えない場合、それは透明になれるから、と言う説明がある。たとえば、コロポックルや天狗は目に見えなくなることが出来て、それは隠れ蓑というものを利用している。したがって、これを奪えば姿が現れるし、人間がこれをかぶればまさしく透明人間になれる。

    ってあるし、透明人間の概念は結構まえからあったっぽいね

  • 154名無し2019/07/16(Tue) 13:35:11ID:Q4ODA3NDg(2/2)NG報告

    にしても透明人間って凄いね、現実でも透明人間の考え方を応用して透明化の技術が進歩してるみたい映画やテレビ映像上では、クロマキー合成により擬似的に透明人間を作り出すことができるし2003年に東京大学において、背後の風景を投射することで光学迷彩を実現するコートを発表したらしい

  • 155名無し2019/07/16(Tue) 14:48:32ID:IzMzMxMjg(1/3)NG報告

    透明人間の話は沢山あるけど割と有名な『透明人間の告白』『透明の人間』とかも読んでみて良いかもね

  • 156名無し2019/07/16(Tue) 14:49:52ID:IzMzMxMjg(2/3)NG報告

    そいやSFっていつ頃流行り始めたのかね?

  • 157名無し2019/07/16(Tue) 14:51:27ID:IzMzMxMjg(3/3)NG報告
  • 158名無し2019/07/16(Tue) 14:59:59ID:E5NzMzODA(1/2)NG報告

    SFと言ったらやっぱハーバート・ジョージ・ウェルズだよなSFの父と言われているのは伊達じゃないよ

  • 159名無し2019/07/16(Tue) 15:04:27ID:E5NzMzODA(2/2)NG報告

    自分はSFだとUFO系のSFが好きだな
    インデペンデンスデイとか面白かった

  • 160名無し2019/07/16(Tue) 20:00:45ID:cxMzY5MzI(1/3)NG報告

    >>158
    息子のジョージ・フィリップ・ウェルズも作家だし動物学者っていう凄い人なんだよね、イギリスでも親子揃って有名

  • 161名無し2019/07/16(Tue) 20:03:28ID:cxMzY5MzI(2/3)NG報告

    >>156
    SFの流行りって話に関係あるかわからないけど
    これを見たときはがちで鳥肌がたった
    こんな時代からタイムリープものがあったなんて!
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=zXuNs6r90dE

  • 162名無し2019/07/16(Tue) 20:07:42ID:cxMzY5MzI(3/3)NG報告

    宇宙人SFというと未知との遭遇かな
    BGMもよく使われるよね

  • 163名無し2019/07/16(Tue) 20:15:56ID:AyOTA3MDA(1/1)NG報告

    >>161
    ヒュッ子供の頃のトラウマだぁ!ガクブル
    真面目によくできたお話だよなぁ本当に傑作よ!この話作った人が現代に来たら良い小説書いてくれそうだなぁ

  • 164名無し2019/07/16(Tue) 20:20:35ID:U4NDg3ODQ(1/2)NG報告

    >>162
    そういえば宇宙人のイメージっていつからリトルグレイみたいな感じになったんだろう?他にもいろいろと見た目のバリエーションはありそうだけどね

  • 165名無し2019/07/16(Tue) 20:23:03ID:U4NDg3ODQ(2/2)NG報告

    >>161まんがにほんむかしばなし好きだった
    よく見てたよー沢山面白い話が知れた
    自分は姥捨山がすきだったなぁ親子愛が好き
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=FnoxKHq-DxU

  • 166名無し2019/07/17(Wed) 17:19:49ID:M3MjU1OTY(1/1)NG報告

    >>163
    吉作落としとか牛鬼淵とかがちで怖かったなぁ、それに対しておいてけ堀とかは程々に怖くて面白かったよね


    あらすじ
    江戸の町のお掘りに「おいてけ堀」と呼ばれるお堀がありました。そこで釣りをした人が帰ろうとすると、お堀から不気味な声で「おいてけ~」と言う声が聞こえるので、皆が魚を放り投げて帰ってしまうのです。

    この噂を聞きつけた、ある魚屋のとっさまは「そんな物が怖くて魚屋が出来るけぇ」と威勢の良い啖呵をきり、お嫁さんが止めるのも聞かず、その堀に魚天秤を持ってねじり鉢巻で勇んで出掛けていきます・・・

  • 167名無し2019/07/17(Wed) 17:30:42ID:I4MDgyMjg(1/3)NG報告

    ドラえもんって過激なシーンもあるんだなぁ(しみじみ)

  • 168名無し2019/07/17(Wed) 17:31:41ID:I4MDgyMjg(2/3)NG報告

    >>166
    山伏石もなかなか…

    あらすじ
    平泉の中尊寺から西へ半里ほどいったところに戸河内川(とかないがわ)が流れていた。

    ある日のこと、この戸河内川に沿って若い山伏が歩いていると、草履を川に流されて困っていた美しい女に出会った。その女から、自分をおぶって一つ上の琴ヶ滝まで運んでほしいと、頼まれた。山伏が女を背負って琴ヶ滝まで運び、帰ろうとした際に、女の腕にうろこが生えている事に気が付いた。

    実は、女は琵琶ヶ滝にすむ妖怪で、琴ヶ滝に住む夫に会いに来たのだと言う。そして、この事を誰かに言うと石にしてしまうぞ、と女から口止めされた。山伏が辺りを見回すと、滝つぼの周りには石にされた村人が並んでいた。

    次の日、山伏が村人たちと琴ヶ滝に行き、妖怪を退治するために必死にお経を唱えた。琴ヶ滝の妖怪は退治されて石になったが、山伏の下半身も石になってしまった。動けなくなった山伏は、今度は女の妖怪と対決すべく、村人たちに担がれ琵琶ヶ滝に向った。山伏は琵琶ヶ滝の妖怪を退治するも、妖怪の魔力で自身も全身石になってしまった。

    今でも戸河内川の水が枯れた時、淵の底から二つの妖怪たちの石が見られるそうだ。

  • 169名無し2019/07/17(Wed) 17:34:30ID:I4MDgyMjg(3/3)NG報告

    >>161>>168
    これの女の人が「見たネェ?」って言うシーンがマジでヤバい、市原悦子さんの演技が凄くて鳥肌がたつ
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=Yz-OLtstMWA

  • 170名無し2019/07/17(Wed) 17:46:40ID:EzNDY3ODQ(1/3)NG報告

    >>161
    昔の怖い話ってこういう教訓話とか道徳に関する話が多いから真夜中のおとむらいは結構斬新に感じる
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=ga0J-EBBUpI

  • 171名無し2019/07/17(Wed) 17:51:24ID:c0OTUzNjc(2/6)NG報告

    昔世界の昆虫図鑑で読んで憧れだった虫の一つだけど外来種だから素直に喜べない
    フェモラータオオモモブトハムシ
    みんなにも子供の頃本で読んだ憧れの生き物とかいるだろうか?

  • 172名無し2019/07/17(Wed) 17:51:28ID:EzNDY3ODQ(2/3)NG報告

    >>168
    戸河内川の男滝と女滝は今は濁っちゃってる部分もあってこの話がされてた当時ほどの美しさは失われちゃってるっぽいね、自然保護活動とかで綺麗な川になると良いけど

  • 173名無し2019/07/17(Wed) 17:54:01ID:EzNDY3ODQ(3/3)NG報告

    >>171
    恐竜でも良いかな?自分はダンクルオステウスに興味を持ってました、あんな見た目の魚が現代の海を泳いでるところを想像するだけでもう怖くてゾクゾクしちゃう

  • 174名無し2019/07/17(Wed) 17:57:38ID:c0OTUzNjc(3/6)NG報告

    >>173
    大丈夫よ
    恐竜もかっこいいよね
    自分はブラキオサウルスが名前も姿も好きだったなぁ

  • 175名無し2019/07/17(Wed) 18:03:50ID:kyOTk0Njc(1/4)NG報告

    ヒカルの碁 とか何年前だっけ…

  • 176名無し2019/07/17(Wed) 18:04:17ID:kyOTk0Njc(2/4)NG報告

    >>174
    ブラキオサウルス良いよね、この巨体が陸上を悠々と移動していたって考えるだけでもロマンチック

  • 177名無し2019/07/17(Wed) 18:08:15ID:kyOTk0Njc(3/4)NG報告

    >>173
    こんなのが海を泳いでるとか海いけなくなっちまうよ

  • 178名無し2019/07/17(Wed) 18:12:45ID:kyOTk0Njc(4/4)NG報告

    >>170
    あんまりお下品な言葉は使いたくないのですけれど、このお話のへn特徴的な髪型のお威張りになられていたおじさまがお狂いになられてお亡くなりになった時ほんの少しだけザマァと思ってしまいましたわ

  • 179名無し2019/07/17(Wed) 18:32:00ID:MzNTMxODI(1/2)NG報告
  • 180名無し2019/07/17(Wed) 18:34:55ID:MzNTMxODI(2/2)NG報告

    >>177
    時をかけるおっさんじゃん なっつw
    時をかけるおっさんシリーズだとテリジノサウルスが好きだったなぁ、草食竜なのに肉食竜と戦って勝ったりするの「」良かったよ

  • 181名無し2019/07/17(Wed) 19:49:46ID:Q5NzQxNDM(1/1)NG報告

    サモナーさんが行く
    型月民なら結構嵌まりそうだと思う

  • 182名無し2019/07/17(Wed) 20:17:07ID:kyODU3NDU(1/3)NG報告

    >>166
    そういえばもともとのおいてけ掘ってのっぺらぼうの話じゃなかったんだね

  • 183名無し2019/07/17(Wed) 20:18:59ID:kyODU3NDU(2/3)NG報告

    >>171
    同じく昔の生物であるケツァルコアトルス、あんな大きな生物が空を飛んでいたんだぜ!わくわくするよ!

  • 184名無し2019/07/17(Wed) 20:20:18ID:kyODU3NDU(3/3)NG報告

    >>180
    時をかけるおっさんシリーズはおっさんに唯一怪我をさせることができた海サソリが印象的だった

  • 185名無し2019/07/17(Wed) 20:52:02ID:IxMDcyODM(1/1)NG報告

    >>171
    憧れとはちょい違うが国語の教科書で読んだ話で「クジャクヤママユ」が何故か忘れられない。作品タイトルはあっさり忘れたのに。

  • 186名無し2019/07/17(Wed) 22:00:53ID:MxMDY5NDY(1/1)NG報告

    >>185
    エーミール「作品タイトルはあっさり忘れただと?そうかそうかつまり君はそういうやつだったんだな」「作品タイトルは少年の日の思い出だ忘れないでくれ」

  • 187名無し2019/07/18(Thu) 13:06:17ID:U5MzE4NDA(1/1)NG報告

    >>176
    ブロントサウルスが学説的におかしいってことになって我涙目、想像図が凄いでかくてとてもワクワクしたな…

  • 188名無し2019/07/18(Thu) 21:22:14ID:AxOTE5OTA(1/2)NG報告

    >>171
    もぐら 実際に見たことがないから見てみたい

  • 189名無し2019/07/18(Thu) 21:29:17ID:AxOTE5OTA(2/2)NG報告

    >>180
    テリジノサウルスは爪が凄い長いから割と強いよね

  • 190名無し2019/07/18(Thu) 21:36:18ID:MxODY2NDA(1/1)NG報告

    >>188
    よくご近所の猫ちゃんが
    近場の畑でキャッチ&キルしたもぐらを
    うちの玄関前に放置していくのは何故なのか・・・

  • 191名無し2019/07/19(Fri) 07:51:20ID:AxMDcwNzY(1/3)NG報告

    >>165
    安珍清姫はまんがにほんむかしばなしで知った
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=L5qAilZy8Bo

  • 192名無し2019/07/19(Fri) 07:54:37ID:AxMDcwNzY(2/3)NG報告

    >>188
    かわいい、もぐらって飼えるのかなぁ?

  • 193名無し2019/07/19(Fri) 08:07:08ID:AxMDcwNzY(3/3)NG報告

    >>164
    それこそ2001年宇宙の旅とかその頃のSFブームが後の作品にも影響をあたえてるんじゃないかな?

  • 194名無し2019/07/19(Fri) 08:13:52ID:M5MjA0Njk(2/2)NG報告

    >>156
    1700の後半から1800前半あたりに開花した感じかな

  • 195名無し2019/07/19(Fri) 08:26:28ID:Y5MzEwMDU(1/3)NG報告

    >>182
    元々は別だね本所七不思議としてのおいてけ掘は魚を釣った人間に魚を堀にもどすまでおいてけおいてけって言い続けたり釣りしてる人間を堀に引きずり込むやつ。

  • 196名無し2019/07/19(Fri) 08:27:58ID:Y5MzEwMDU(2/3)NG報告

    >>190
    猫は子供に自分の狩った獲物をそのまま与えるという、もしかしたら…

  • 197名無し2019/07/19(Fri) 08:29:11ID:Y5MzEwMDU(3/3)NG報告

    >>171
    これはヘラクレスオオカブト

  • 198名無し2019/07/19(Fri) 08:53:14ID:ExNTQ1NTA(1/3)NG報告

    >>179
    怖い話だガクブル((((;゜Д゜)))笑い話で中和しよう
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=IIKdZK3Huxw

  • 199名無し2019/07/19(Fri) 08:53:55ID:ExNTQ1NTA(2/3)NG報告

    >>197
    ヘラクレスって名前はここで知りました

  • 200名無し2019/07/19(Fri) 08:56:17ID:ExNTQ1NTA(3/3)NG報告

    >>165
    分福茶釜が好き、めでたしで終わるのが良い
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=1FcGC7cis6M

  • 201名無し2019/07/19(Fri) 09:35:26ID:M4MTYyNTc(1/4)NG報告

    カズくんのビジュアル公開してたんかー!

  • 202名無し2019/07/19(Fri) 09:38:00ID:M4MTYyNTc(2/4)NG報告

    >>191
    安珍さまぁ~→ヴヴゥゥゥ憎き安珍めぇぇぇ!!

  • 203名無し2019/07/19(Fri) 09:39:44ID:M4MTYyNTc(3/4)NG報告

    >>192
    もぐらはわからんけど似たようなネズミとかハムスターは寿命が短いから飼う場合は覚悟が必要

  • 204名無し2019/07/19(Fri) 09:43:41ID:M4MTYyNTc(4/4)NG報告

    >>154
    ロボットも元々は小説に登場した概念だったんだっけね、小説とか物語の技術概念が現実で実現してるってのは凄いことだよね いつか宇宙に人が移住する日も来るのかなぁ

  • 205名無し2019/07/19(Fri) 09:59:39ID:I2MTgwNDU(1/4)NG報告

    エルフってなんであんなに人を魅了するんだろう

  • 206名無し2019/07/19(Fri) 10:01:01ID:I2MTgwNDU(2/4)NG報告

    >>201
    カズくんも結構シロウ属性に近いところあったな…
    妹のために自分の命を惜しまないとか…

  • 207名無し2019/07/19(Fri) 10:09:56ID:I2MTgwNDU(3/4)NG報告

    氷室の天地相変わらず凄いな、日ユ同論者の原点をもってくるとか流石としか言えない。マシンさんの知識量は一体どうなってるんだ…

  • 208名無し2019/07/19(Fri) 10:10:10ID:I2MTgwNDU(4/4)NG報告
  • 209名無し2019/07/19(Fri) 10:14:30ID:EyMTA0MjI(1/5)NG報告

    >>207
    そのネタはヤメロォ!

  • 210名無し2019/07/19(Fri) 10:14:55ID:EyMTA0MjI(2/5)NG報告

    ジェボーダンと

  • 211名無し2019/07/19(Fri) 10:15:30ID:EyMTA0MjI(3/5)NG報告

    三毛別は日本だと有名だけど

  • 212名無し2019/07/19(Fri) 10:16:53ID:EyMTA0MjI(4/5)NG報告

    ツァボの人食いライオンとかよくもってこれたな!?ってかマイナーなツァボも知ってるとかやっぱ作者さんすげぇな

  • 213名無し2019/07/19(Fri) 10:17:33ID:EyMTA0MjI(5/5)NG報告

    こんな偉業を達成した人がいたのか…ヤベェ…

  • 214名無し2019/07/19(Fri) 12:22:19ID:QzODM3Mjg(1/1)NG報告

    >>212
    人間を狙うの狩りやすいからなんだろうか?

  • 215名無し2019/07/19(Fri) 12:38:55ID:g1ODgyNjk(4/6)NG報告

    >>208
    下の絵が水木しげる風なのは多分悪魔くんがソロモンの後継者だからだよね

  • 216名無し2019/07/19(Fri) 13:18:49ID:kxNzU3NTc(1/3)NG報告

    >>207
    化野さんなにやってんすか…

  • 217名無し2019/07/19(Fri) 13:20:51ID:kxNzU3NTc(2/3)NG報告

    >>215
    そんな小ネタもあったとは…磨っさんの知識恐るべし

  • 218名無し2019/07/19(Fri) 13:22:00ID:kxNzU3NTc(3/3)NG報告

    >>214
    人の血の味を覚えた獣はどうたらとかってやつかね

  • 219名無し2019/07/19(Fri) 18:09:37ID:kxNTYzODk(1/20)NG報告

    サマーコミカライズの時間じゃオラァ!

  • 220名無し2019/07/19(Fri) 18:10:14ID:kxNTYzODk(2/20)NG報告

    物騒だよオラァ!

  • 221名無し2019/07/19(Fri) 18:10:54ID:kxNTYzODk(3/20)NG報告

    おまえも浮かれるんだよオラァ!

  • 222名無し2019/07/19(Fri) 18:11:34ID:kxNTYzODk(4/20)NG報告

    ぐだこかわいいよオラァ!

  • 223名無し2019/07/19(Fri) 18:13:21ID:kxNTYzODk(5/20)NG報告

    似合ってるよ沖田さん

  • 224名無し2019/07/19(Fri) 18:13:56ID:kxNTYzODk(6/20)NG報告

    こういう祭りの雰囲気好き

  • 225名無し2019/07/19(Fri) 18:14:50ID:kxNTYzODk(7/20)NG報告

    一瞬始皇帝だと気づかなかったよオラァ!

  • 226名無し2019/07/19(Fri) 18:15:35ID:kxNTYzODk(8/20)NG報告

    コミックアンソロジーってレベルじゃねぇぞオラァ!

  • 227名無し2019/07/19(Fri) 18:29:50ID:kxNTYzODk(9/20)NG報告

    マシュマロかわいいよオラァ!

  • 228名無し2019/07/19(Fri) 18:30:25ID:kxNTYzODk(10/20)NG報告

    このグダヤベェよオラァ!

  • 229名無し2019/07/19(Fri) 18:31:00ID:kxNTYzODk(11/20)NG報告

    グダ素直かわいいよオラァ!

  • 230名無し2019/07/19(Fri) 18:31:40ID:kxNTYzODk(12/20)NG報告

    悪人って言うかチンピラだよオラァ!

  • 231名無し2019/07/19(Fri) 18:32:15ID:kxNTYzODk(13/20)NG報告

    浮かれてるよオラァ!

  • 232名無し2019/07/19(Fri) 18:32:48ID:kxNTYzODk(14/20)NG報告

    方言女子かわいいよオラァ!

  • 233名無し2019/07/19(Fri) 18:33:25ID:kxNTYzODk(15/20)NG報告

    これ絶対カエルのたまごだよオラァ!

  • 234名無し2019/07/19(Fri) 18:34:07ID:kxNTYzODk(16/20)NG報告

    いざ尋常にオーダーチェンジだオラァ!

  • 235名無し2019/07/19(Fri) 18:36:21ID:kxNTYzODk(17/20)NG報告

    どういうことだよオラァ!

  • 236名無し2019/07/19(Fri) 18:36:50ID:kxNTYzODk(18/20)NG報告

    本当にどういうことだよ!?オラァ!

  • 237名無し2019/07/19(Fri) 18:37:24ID:kxNTYzODk(19/20)NG報告

    お姉ちゃんはりきり過ぎだよオラァ!

  • 238名無し2019/07/19(Fri) 18:37:24ID:E2MTM2NTY(1/2)NG報告

    >>235
    全身暗器だから武器扱いされたんじゃろ。

  • 239名無し2019/07/19(Fri) 18:42:06ID:kxNTYzODk(20/20)NG報告

    この時点で既にカオスな匂いがするよオラァ

  • 240名無し2019/07/19(Fri) 18:45:05ID:MwMzQ1MzY(1/1)NG報告

    >>237いくらなんでも短時間に一人で19枚も貼るのはやりすぎでは?
    スマホで見るとずらっと続いていく画像の圧がヤバいんだが。

  • 241名無し2019/07/19(Fri) 18:45:46ID:I3Mzc4Mzk(1/1)NG報告

    大量に画像貼るの鬱陶しい

  • 242名無し2019/07/19(Fri) 18:54:11ID:YyMTUyMjQ(1/6)NG報告

    >>238
    この中に入ったらリップとメルトの手足は普通の手足になるのだろうか?

  • 243名無し2019/07/19(Fri) 18:58:10ID:YyMTUyMjQ(2/6)NG報告

    コミカライズと言えば、教えてFGOで定番の津留崎先生が新しいアンソロジー描いてくれたよアニメイトとかで売ってるから是非買ってね!

  • 244名無し2019/07/19(Fri) 18:58:55ID:YyMTUyMjQ(3/6)NG報告

    内容はこういうギャグ系統のやつだね

  • 245名無し2019/07/19(Fri) 19:01:09ID:YyMTUyMjQ(4/6)NG報告

    ロビンがメインの話みたいだね、赤茶とダビデも出るみたいだからこの三人が好きな人なら買っても損は無いと思うよ!

  • 246名無し2019/07/19(Fri) 19:07:17ID:YyMTUyMjQ(5/6)NG報告

    そういえばコミカライズのセイレムはオリジナルのキャラクターとかが出てるみたいだね、このキザオアさんって人クトゥルフしってる人なら知ってるだろうけどニャルと契約して時空移動の術を使える魔女だね。まさかこんな大物がモブとして登場するとは…コミカライズ版のラスボスがこの人に変更されててもおかしくないよ…(戦々恐々)

  • 247名無し2019/07/19(Fri) 19:14:26ID:YyMTUyMjQ(6/6)NG報告

    そろそろ話題変えるかなー
    【お題】純文学・近代文学のことを語ろう
    その作品にたいする熱い思いさえあれば、何レス使ってもOKだし文字ばっかり長く書き連ねてもOK!とにかく自分の好きな純文学近代文学について話してくだされ!ガチの長い感想文とかでも良いよ!むしろそういうのが読みたい。さぁ存分に語ろうよ!

  • 248名無し2019/07/19(Fri) 19:25:07ID:M4NzU2MDY(1/5)NG報告

    >>166
    まんがにほんむかしばなしの怖い話定番と言ったら
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=VzueLQeGm6E
    飯降山

  • 249名無し2019/07/19(Fri) 19:30:35ID:M4NzU2MDY(2/5)NG報告

    >>166
    この双子のこの家ももう終わりだものって台詞が子供の頃は本当に怖かった…今もこのシーンでなんとも言えない不安が押し寄せてくる感じがして気味が悪いんだよね…
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=VbezVaP5myA

  • 250名無し2019/07/19(Fri) 19:37:08ID:E2MTM2NTY(2/2)NG報告

    >>247
    せんせー、純文学の定義がわかりません!

  • 251名無し2019/07/19(Fri) 19:37:39ID:M4NzU2MDY(3/5)NG報告

    >>171
    オオカミ
    美しさと強さとかっこよさとかわいらしさが混在しててなんとも言えないこのもふもふ感も素晴らしいし強い光の灯った瞳には神秘性を感じる、こんなにも美しい生き物が昔は日本にもいたんだなぁと思うと畏れや誇らしさと同時に悲しみも感じてしまうんだよね、かなしいなぁ…絶滅…

  • 252名無し2019/07/19(Fri) 19:40:12ID:M4NzU2MDY(4/5)NG報告

    画像忘れた
    なぁこんなにも洗練された美しい生き物が昔は我々の住んでいる日本にも生きていたんだぜ!?本当に素敵な話だと思うし、昔の日本人がオオカミに強い神秘性を感じるのも不思議なことではないと思うんだがどうよ!?

  • 253名無し2019/07/19(Fri) 19:45:10ID:M4NzU2MDY(5/5)NG報告

    >>250
    普通に明治とか大正あたりの作家さんの小説について話そうってことなんじゃない?近代文学ってあるし

    >>247
    有島武郎って共産主義に近い社会主義者なのかな?何かトルストイとかの考え方に似てる気がするんだよね『イワンのばか』の農民神聖視みたいに第四階級を清廉潔白なものとして捉えすぎなんじゃないかなって個人的には思うんだけど皆はどう思う?

  • 254名無し2019/07/19(Fri) 19:58:49ID:g3NTc4MTU(1/7)NG報告

    >>246
    なんでこんな上位の魔女さんがさらっとモブ的に登場してるんですかねぇ…マジもんの魔女が出てくるとか聞いてないよ…

  • 255名無し2019/07/19(Fri) 20:00:32ID:g3NTc4MTU(2/7)NG報告

    >>249
    座敷わらしに対してこんなにも恐怖を感じたのはこれが初めてだったよ…

  • 256名無し2019/07/19(Fri) 20:04:24ID:g3NTc4MTU(3/7)NG報告

    >>252
    オオカミと言ったか!?オオカミと言ったのか!!よーし君にも俺秘蔵のオオカミ画像をみせてあげよう!

  • 257名無し2019/07/19(Fri) 20:09:13ID:g3NTc4MTU(4/7)NG報告

    >>251
    オオカミの美しさたるや、ゲームやアニメや小説や色々な作品に引っ張りだこだからな!大神のアマテラスとか黒い森の庭にいるシフとかオオカミはどんな場所でも魅力的な生き物なんだからなぁ!

  • 258名無し2019/07/19(Fri) 20:12:46ID:g3NTc4MTU(5/7)NG報告

    オオカミは日本にも居たけど人間の都合で絶滅させられたからなぁ…残念でならないよ、日本でも野生のオオカミが見れれば良かったのになぁ

  • 259名無し2019/07/19(Fri) 20:23:06ID:g3NTc4MTU(6/7)NG報告

    >>247
    戸川幸夫の『高安犬物語』が好きだな!
    戸川自身の旧制山形高校時代の実体験をもとにして書いた半自伝的な小説なんだけど、内容は、昭和初期。古生物学に興味を持ち、山形高校の理科に進学した「私」は、絶滅した山犬(日本狼)に興味を持って調べているうちに、学友の尾関から日本犬のことを教えられ、次第に興味をそちらへと移していった。あるとき、尾関は「私」と、日本犬の同好仲間であるパン屋の主人「木村屋」に、高安犬を探しに米沢に行こうと呼びかける。だが、当時すでに混血が進み、純血の高安犬は絶滅に瀕しており、探してもよぼよぼの老犬が2頭見つかっただけであった。尾関と木村屋は捜索を諦めたが、諦め続けずに探し続けた「私」は、和田村で、ついに1頭の高安犬を発見する。それは吉蔵という猟師の飼い犬で、名を「チン」といった。気難し屋の吉蔵は、「私」に全く取り合おうとしなかったが、「私」は熱心に吉蔵のもとに通いつめる。やがてチンがポリップを発症したため、「私」は吉蔵を説得し、手術費用を出す代わり、木村屋がチンを引き取ることになった。だが、山形市に連れて来られたチンは間もなく隙を見て逃げ出し、和田村の吉蔵のもとに戻ってしまう。結局、手術は吉蔵を伴って行われたが、この手術を境にチンは「私」たちにもなつくようになり、結局、木村屋で飼われることになった。

  • 260名無し2019/07/19(Fri) 20:32:51ID:g3NTc4MTU(7/7)NG報告

    >>259
    つづき
    冬のある日、チンを散歩させていた「私」は、東北闘犬界の横綱である土佐犬「頼光」と出くわす。まだ手術後の傷の癒えない体でありながら、頼光と対決し、ついに倒してしまう。春になってチンは、ダムに落ちた子供を救い出し、このニュースは新聞でも取り上げられた。やがて「私」と尾関は卒業してそれぞれ東北帝大と北大に進学したため、チンとは離れ離れになってしまう。その年の2学期、チンはヒラリヤに倒れ死去する。「私」と木村屋は、最後の高安犬の姿を永久に残そうと、羽前長崎の剥製師に剥製作りを依頼するが、出来上がってきた剥製は無残な出来栄えで、とても後に残せるものではなかった。「私」と木村屋は、故郷の和田村にチンの剥製を葬ることを決意する。
    っていう切ない話なんだけど、可哀想な動物と人の話が好きな人にはクリーンヒットするかもだよ!

  • 261名無し2019/07/19(Fri) 20:35:32ID:A3MTM4NjU(1/1)NG報告

    >>253
    騎士や武士だって創作では美化されるから、美化自体は創作ではありきたりなものだと自分は思ってる。

  • 262名無し2019/07/19(Fri) 20:50:40ID:I0MTUwNzI(6/8)NG報告

    >>171
    キツネだな、イソップ童話とか昔話で人をばかしたり騙して困らせたりするイメージがあったけど子狐ヘレンでキツネのかわいらしさに気づいてごんぎつねでキツネの尊さを学んだ。見ろよこの儚げな顔を

  • 263名無し2019/07/19(Fri) 20:55:08ID:I0MTUwNzI(7/8)NG報告

    >>256
    オオカミも良いよな、同じくキツネも素晴らしいと思うんだがどうかな?スッ…(画像をはる音)

  • 264名無し2019/07/19(Fri) 20:59:58ID:I0MTUwNzI(8/8)NG報告

    >>258
    きつねも人間影響で数が少なくなっちゃった時期があったみたい…こういう話を聞くとやるせない気持ちになるなぁ

  • 265名無し2019/07/19(Fri) 21:21:42ID:c5MTYyMjI(1/7)NG報告

    >>171
    ふっふっふったぬきのかわいらしさに沈めぇ!

  • 266名無し2019/07/19(Fri) 21:23:41ID:c5MTYyMjI(2/7)NG報告

    >>188
    自分も実物のたぬきを見たいと思ってるんだけどなかなか見られないんだよねぇ…たぬき…もふもふ…

  • 267名無し2019/07/19(Fri) 21:25:05ID:c5MTYyMjI(3/7)NG報告

    >>200
    分福茶釜は本当に良い終わりかただった

  • 268名無し2019/07/19(Fri) 21:30:17ID:c5MTYyMjI(4/7)NG報告

    >>165
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=CX750pwnWi4
    これ、たぬきがかわいいし動物の恩返しものって良い話が多いんだよなぁ(涙)こういうたぬきが大好き

  • 269名無し2019/07/19(Fri) 21:37:23ID:c5MTYyMjI(5/7)NG報告

    >>262
    キツネの話だとこういう良い話もあるよね、辛いけど良い話だよ 自分たちはご飯をお腹一杯食べられるのが当たり前になってるけどこの当時は当たり前じゃなかった、自分たちが幸せであることに気づく事は大事なことなんだね
    YouTubehttps://m.youtube.com/watch?v=JqRjaRfFSMw

  • 270名無し2019/07/19(Fri) 21:39:19ID:c5MTYyMjI(6/7)NG報告

    >>257
    大神のアマ公かわいいよね…あのゲームは神ゲー

  • 271名無し2019/07/19(Fri) 21:42:36ID:c5MTYyMjI(7/7)NG報告

    >>261
    それはそうだね、でも有島先生の宣言一つとかは253と同じくちょっと窮屈な考え方で疲れる気もするんだよね

  • 272名無し2019/07/19(Fri) 21:42:53ID:Y5OTYzOTM(1/1)NG報告

    >>261
    ブギーポップで言ってたけど騎士道だの武士道なんて当の騎士や武士が戦わなくなってから生まれた概念だしねえ
    何かしらの集団・組織に対する美化やイメージの肥大はよくあることよな

  • 273名無し2019/07/19(Fri) 21:56:06ID:YyODMzNTA(1/6)NG報告

    >>171
    動物自体って訳じゃないけど犬ぞりって憧れない?

  • 274名無し2019/07/19(Fri) 21:59:50ID:YyODMzNTA(2/6)NG報告

    >>256>>262>>265
    オオカミとキツネとタヌキって日本の古三聖獣だとおもうのかわいくてもふもふで神秘的な感じ

  • 275名無し2019/07/19(Fri) 22:01:44ID:YyODMzNTA(3/6)NG報告

    ごんぎつね良いよね…切ない童話好き…

  • 276名無し2019/07/19(Fri) 22:03:38ID:YyODMzNTA(4/6)NG報告

    にしてもタヌキとキツネがかわいい…

  • 277名無し2019/07/19(Fri) 22:06:27ID:YyODMzNTA(5/6)NG報告

    そういえば唐突に思ったんだけど、切嗣は本当に正義の味方になるんだったらこうするべきだったんだね

  • 278名無し2019/07/19(Fri) 22:10:12ID:YyODMzNTA(6/6)NG報告

    >>271
    自分がお金持ちの家に産まれて、お金の無い人達の事を見て彼らこそが素晴らしい人達だって考えるのは太宰治にそっくりだよね、不倫相手と自殺、するところまでそっくり

  • 279名無し2019/07/19(Fri) 22:18:22ID:Y5NzkwODc(1/3)NG報告

    >>274
    タヌキとキツネ良いよね、Twitterで人気になって書籍化されたんだったっけ?

  • 280名無し2019/07/19(Fri) 22:24:12ID:Y5NzkwODc(2/3)NG報告

    >>274
    この三匹の絡み好こ

  • 281名無し2019/07/19(Fri) 22:27:48ID:Y5NzkwODc(3/3)NG報告

    >>277
    切嗣は手を伸ばすべきだったのだな
    それはそれとしてかわいい

  • 282名無し2019/07/19(Fri) 22:33:48ID:YwMzU1MTQ(1/6)NG報告

    この食い付きかたとかたまらねぇんだけど

  • 283名無し2019/07/19(Fri) 22:36:19ID:YwMzU1MTQ(2/6)NG報告

    >>278
    みつかった時は既に腐乱してひどい有り様だったみたいだね、しかも心中の仕方が首吊りだったから部屋のなか大変な事になってただろうなぁ

  • 284名無し2019/07/19(Fri) 22:38:14ID:YwMzU1MTQ(3/6)NG報告

    >>280
    お''っ''っ''(胸を抑えながら昇天)

  • 285名無し2019/07/19(Fri) 22:39:00ID:YwMzU1MTQ(4/6)NG報告

    >>273
    良いよね犬ぞり、一度は乗ってみたいねぇ

  • 286名無し2019/07/19(Fri) 22:42:26ID:YwMzU1MTQ(5/6)NG報告

    >>276
    かわいい、なんだかんだ良い子だよな

  • 287名無し2019/07/19(Fri) 22:52:17ID:YwMzU1MTQ(6/6)NG報告

    もともとタヌキとキツネって生き物は日本人に親しみ深い生き物だったんだろうね昔話とかでよく見られるし

  • 288名無し2019/07/19(Fri) 23:13:20ID:Q0MDA2Njg(1/5)NG報告

    >>247
    夏目漱石の小説ってやっぱり読みやすいよなぁ

  • 289名無し2019/07/19(Fri) 23:14:42ID:Q0MDA2Njg(2/5)NG報告

    >>278
    >>283
    想像するだけでおっかないな

  • 290名無し2019/07/19(Fri) 23:15:54ID:Q0MDA2Njg(3/5)NG報告

    >>271
    宣言一つは確か誰かに批判的な手紙送られたんだよな

  • 291名無し2019/07/19(Fri) 23:19:28ID:Q0MDA2Njg(4/5)NG報告

    >>248
    確か日本最古のサイコホラーなんだっけ?

  • 292名無し2019/07/19(Fri) 23:20:27ID:Q0MDA2Njg(5/5)NG報告

    >>280
    良いなこいつら

  • 293名無し2019/07/20(Sat) 03:06:25ID:g5NTQyNDA(2/5)NG報告

    >>261

    昭和の作品は分野問わず軍国主義と武士道が影響を与えているイメージ。

    日本人ってあやふやでいいじゃんと思っている反面、勧善懲悪は好きなんだよなあって思う。

  • 294名無し2019/07/20(Sat) 03:34:50ID:g5NTQyNDA(3/5)NG報告

    >>293
    ちょっと政治の話を絡ませるけど今の参院選挙を見てみると実は日本人って「敵か味方か」というスタンスで考えるのは好きなんだよなあ。
    アンパンマン(https://www.anpanman.jp/index.html)の歌詞の「愛と勇気だけは友達さ」ってつまり大人になると、いろいろ勘ぐってしまうのよね。
    実は『誰にも肩入れしない、味方にならない』というスタンスって実は日本人苦手なんだよな。

  • 295名無し2019/07/20(Sat) 08:00:46ID:Y5MTIwMDA(1/4)NG報告

    >>247
    芥川龍之介の「鼻」の和尚さんってよく考えると聖人だよね

  • 296名無し2019/07/20(Sat) 08:04:37ID:Y5MTIwMDA(2/4)NG報告

    >>274
    オオカミが三匹の豚ごっこ…

  • 297名無し2019/07/20(Sat) 08:08:09ID:Y5MTIwMDA(3/4)NG報告

    >>269
    この時代は本当にこういうことが多かったんだろうなぁ…なに不自由なく生活出来てることに感謝しないと

  • 298名無し2019/07/20(Sat) 08:13:12ID:Y5MTIwMDA(4/4)NG報告

    >>249
    富や運を支配している存在がいて、それが元いた人間達の所から去っていく=その家没落ってのが怖いよね

  • 299名無し2019/07/20(Sat) 08:20:54ID:gwMzkwNDA(1/8)NG報告

    >>271
     思想と実生活とが融合した、そこから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形に持ち来たすものであるが――として最近に日本において、最も注意せらるべきものは、社会問題の、問題としてまた解決としての運動が、いわゆる学者もしくは思想家の手を離れて、労働者そのものの手に移ろうとしつつあることだ。ここで私のいう労働者とは、社会問題の最も重要な位置を占むべき労働問題の対象たる第四階級と称せられる人々をいうのだ。第四階級のうち特に都会に生活している人々をいうのだ。もし私の考えるところが間違っていなかったら、私が前述した意味の労働者は、従来学者もしくは思想家に自分たちを支配すべきある特権を許していた。学者もしくは思想家の学説なり思想なりが労働者の運命を向上的方向に導いていってくれるものであるとの、いわば迷信を持っていた。そしてそれは一見そう見えたに違いない。なぜならば、実行に先立って議論が戦わされねばならぬ時期にあっては、労働者は極端に口下手べたであったからである。

  • 300名無し2019/07/20(Sat) 08:23:36ID:gwMzkwNDA(2/8)NG報告

    >>299
    彼らは知らず識らず代弁者にたよることを余儀なくされた。単に余儀なくされたばかりでなく、それにたよることを最上無二の方法であるとさえ信じていた。学者も思想家も、労働者の先達であり、指導者であるとの誇らしげな無内容な態度から、多少の覚醒はしだしてきて、代弁者にすぎないとの自覚にまでは達しても、なお労働問題の根柢的解決は自分らの手で成就さるべきものだとの覚悟を持っていないではない。労働者はこの覚悟に或る魔術的暗示を受けていた。しかしながらこの迷信からの解放は今成就されんとしつつあるように見える。労働者は人間の生活の改造が、生活に根ざしを持った実行の外でしかないことを知りはじめた。その生活といい、実行といい、それは学者や思想家には全く欠けたものであって、問題解決の当体たる自分たちのみが持っているのだと気づきはじめた。自分たちの現在目前の生活そのままが唯一の思想であるといえばいえるし、また唯一の力であるといえばいえると気づきはじめた。かくして思慮深い労働者は、自分たちの運命を、自分たちの生活とは異なった生活をしながら、しかも自分たちの身の上についてかれこれいうところの人々の手に託する習慣を破ろうとしている。彼らはいわゆる社会運動家、社会学者の動く所には猜疑さいぎの眼を向ける。公けにそれをしないまでも、その心の奥にはかかる態度が動くようになっている。その動き方はまだ幽かすかだ。それゆえ世人一般はもとよりのこと、いちばん早くその事実に気づかねばならぬ学者思想家たち自身すら、心づかずにいるように見える。

  • 301名無し2019/07/20(Sat) 08:27:22ID:gwMzkwNDA(3/8)NG報告

    >>300
    しかし心づかなかったら、これは大きな誤謬ごびゅうだといわなければならない。その動き方は未だ幽かであろうとも、その方向に労働者の動きはじめたということは、それは日本にとっては最近に勃発したいかなる事実よりも重大な事実だ。なぜなら、それは当然起こらねばならなかったことが起こりはじめたからだ。いかなる詭弁きべんも拒むことのできない事実の成り行きがそのあるべき道筋を辿たどりはじめたからだ。国家の権威も学問の威光もこれを遮さえぎり停めることはできないだろう。在来の生活様式がこの事実によってどれほどの混乱に陥ろうとも、それだといって、当然現わるべくして現われ出たこの事実をもみ消すことはもうできないだろう。かつて河上肇かわかみはじめ氏とはじめて対面した時(これから述べる話柄は個人的なものだから、ここに公言するのはあるいは失当かもしれないが、ここでは普通の礼儀をしばらく顧みないことにする)、氏の言葉の中に「現代において哲学とか芸術とかにかかわりを持ち、ことに自分が哲学者であるとか、芸術家であるとかいうことに誇りをさえ持っている人に対しては自分は侮蔑ぶべつを感じないではいられない。彼らは現代がいかなる時代であるかを知らないでいる。知っていながら哲学や芸術に没頭しているとすれば、彼らは現代から取り残された、過去に属する無能者である。彼らがもし『自分たちは何事もできないから哲学や芸術をいじくっている。どうかそっと邪魔にならない所に自分たちをいさしてくれ』というのなら、それは許されないかぎりでもない。しかしながら、彼らが十分の自覚と自信をもって哲学なり、芸術なりにたずさわっていると主張するなら、彼らは全く自分の立場を知らないものだ」という意味を言われたのを記憶する。私はその時、すなおに氏の言葉を受け取ることができなかった。そしてこういう意味の言葉をもって答えた。「もし哲学者なり芸術家なりが、過去に属する低能者なら、労働者の生活をしていない学者思想家もまた同様だ。それは要するに五十歩百歩の差にすぎない」。

  • 302名無し2019/07/20(Sat) 08:28:38ID:gwMzkwNDA(4/8)NG報告

    >>301
    この私の言葉に対して河上氏はいった、「それはそうだ。だから私は社会問題研究者としてあえて最上の生活にあるとは思わない。私はやはり何者にか申しわけをしながら、自分の仕事に従事しているのだ。……私は元来芸術に対しては深い愛着を持っている。芸術上の仕事をしたら自分としてはさぞ愉快だろうと思うことさえある。しかしながら自分の内部的要求は私をして違った道を採らしている」と。これでここに必要な二人の会話のだいたいはほぼ尽きているのだが、その後また河上氏に対面した時、氏は笑いながら「ある人は私が炬燵こたつにあたりながら物をいっていると評するそうだが、全くそれに違いない。あなたもストーヴにあたりながら物をいってる方だろう」と言われたので、私もそれを全く首肯した。河上氏にはこの会話の当時すでに私とは違った考えを持っていられたのだろうが、その時ごろの私の考えは今の私の考えとはだいぶ相違したものだった。今もし河上氏があの言葉を発せられたら、私はやはり首肯したではあろうけれども、ある異なった意味において首肯したに違いない。今なら私は河上氏の言葉をこう解する、「河上氏も私も程度の差こそあれ、第四階級とは全く異なった圏内に生きている人間だという点においては全く同一だ。河上氏がそうであるごとく、ことに私は第四階級とはなんらの接触点をも持ちえぬのだ。私が第四階級の人々に対してなんらかの暗示を与ええたと考えたら、それは私の謬見びゅうけんであるし、第四階級の人が私の言葉からなんらかの影響を被こうむったと想感したら、それは第四階級の人の誤算である。第四階級者以外の生活と思想とによって育ち上がった私たちは、要するに第四階級以外の人々に対してのみ交渉を持つことができるのだ。ストーヴにあたりながら物をいっているどころではない。全く物などはいっていないのだ」と。

  • 303名無し2019/07/20(Sat) 08:29:27ID:gwMzkwNDA(5/8)NG報告

    >>302
     私自身などは物の数にも足らない。たとえばクロポトキンのような立ち優れた人の言説を考えてみてもそうだ。たといクロポトキンの所説が労働者の覚醒と第四階級の世界的勃興とにどれほどの力があったにせよ、クロポトキンが労働者そのものでない以上、彼は労働者を活いき、労働者を考え、労働者を働くことはできなかったのだ。彼が第四階級に与えたと思われるものは第四階級が与えることなしに始めから持っていたものにすぎなかった。いつかは第四階級はそれを発揮すべきであったのだ、それが未熟のうちにクロポトキンによって発揮せられたとすれば、それはかえって悪い結果であるかもしれないのだ。第四階級者はクロポトキンなしにもいつかは動き行くべき所に動いて行くであろうから。そしてその動き方の方がはるかに堅実で自然であろうから。労働者はクロポトキン、マルクスのような思想家をすら必要とはしていないのだ。かえってそれらのものなしに行くことが彼らの独自性と本能力とをより完全に発揮することになるかもしれないのだ。

  • 304名無し2019/07/20(Sat) 08:30:57ID:gwMzkwNDA(6/8)NG報告

    >>303
    それならたとえばクロポトキン、マルクスたちのおもな功績はどこにあるかといえば、私の信ずるところによれば、クロポトキンが属していた(クロポトキン自身はそうであることを厭いとったであろうけれども、彼が誕生の必然として属せずにいられなかった)第四階級以外の階級者に対して、ある観念と覚悟とを与えたという点にある。マルクスの資本論でもそうだ。労働者と資本論との間に何のかかわりがあろうか。思想家としてのマルクスの功績は、マルクス同様資本王国の建設に成る大学でも卒業した階級の人々が翫味がんみして自分たちの立場に対して観念の眼を閉じるためであるという点において最も著しいものだ。第四階級者はかかるものの存在なしにでも進むところに進んで行きつつあるのだ。今後第四階級者にも資本王国の余慶が均霑きんてんされて、労働者がクロポトキン、マルクスその他の深奥な生活原理を理解してくるかもしれない。そしてそこから一つの革命が成就されるかもしれない。しかしそんなものが起こったら、私はその革命の本質を疑わずにはいられない。仏国革命が民衆のための革命として勃発したにもかかわらず、ルーソーやヴォルテールなどの思想が縁になって起こった革命であっただけに、その結果は第三階級者の利益に帰して、実際の民衆すなわち第四階級は以前のままの状態で今日まで取り残されてしまった。現在のロシアの現状を見てもこの憾うらみはあるように見える。

  • 305名無し2019/07/20(Sat) 08:32:44ID:gwMzkwNDA(7/8)NG報告

    >>304
    彼らは民衆を基礎として最後の革命を起こしたと称しているけれども、ロシアにおける民衆の大多数なる農民は、その恩恵から除外され、もしくはその恩恵に対して風馬牛であるか、敵意を持ってさえいるように報告されている。真個の第四階級から発しない思想もしくは動機によって成就された改造運動は、当初の目的以外の所に行って停止するほかはないだろう。それと同じように、現在の思想家や学者の所説に刺戟しげきされた一つの運動が起こったとしても、そしてその運動を起こす人がみずから第四階級に属すると主張したところが、その人は実際において、第四階級と現在の支配階級との私生子にすぎないだろう。ともかくも第四階級が自分自身の間において考え、動こうとしだしてきたという現象は、思想家や学者に熟慮すべき一つの大きな問題を提供している。それを十分に考えてみることなしに、みずから指導者、啓発者、煽動家せんどうか、頭領をもって任ずる人々は多少笑止な立場に身を置かねばなるまい。第四階級は他階級からの憐憫れんびん、同情、好意を返却し始めた。かかる態度を拒否するのも促進するのも一に繋かかって第四階級自身の意志にある。私は第四階級以外の階級に生まれ、育ち、教育を受けた。だから私は第四階級に対しては無縁の衆生の一人である。私は新興階級者になることが絶対にできないから、ならしてもらおうとも思わない。第四階級のために弁解し、立論し、運動する、そんなばかげきった虚偽もできない。今後私の生活がいかように変わろうとも、私は結局在来の支配階級者の所産であるに相違ないことは、黒人種がいくら石鹸で洗い立てられても、黒人種たるを失わないのと同様であるだろう。したがって私の仕事は第四階級者以外の人々に訴える仕事として始終するほかはあるまい。世に労働文芸というようなものが主張されている。またそれを弁護し、力説する評論家がある。彼らは第四階級以外の階級者が発明した文字と、構想と、表現法とをもって、漫然と労働者の生活なるものを描く。彼らは第四階級以外の階級者が発明した論理と、思想と、検察法とをもって、文芸的作品に臨み、労働文芸としからざるものとを選り分ける。私はそうした態度を採ることは断じてできない。

  • 306名無し2019/07/20(Sat) 08:43:13ID:gwMzkwNDA(8/8)NG報告

    >>305
    とまぁ、宣言一つはこんな感じの主張だね、これは他の人に批判的な評価をくだされても仕方ないところはある。だって極端すぎるもんこの主張、あと上で言ってたトルストイ的第四階級の神聖視も文のあちこちに見られるね、マルクスは多大な功績は~とかあるしマルクス主義者かもね有島武郎は社会主義者として知られてた見たいだけど、極端に第四階級にこだわってる感じがこの文から見てとれる。ロシアの革命を是としてるっぽいし

  • 307名無し2019/07/20(Sat) 09:56:09ID:I4MDcwNDA(1/3)NG報告

    >>290
    河上肇だね、貴方の考え方は窮屈で平面的過ぎて視野が狭いって感じに手紙を送ったみたいだよ。

    この宿命論的な自己規定をめぐって、広津和郎(かずお)、片上伸、堺利彦(さかいとしひこ)、河上肇(はじめ)、室伏高信(むろぶせこうしん)などが反駁(はんばく)し、6か月にわたる論争がおこる。革命と文学、政治と知識人という昭和文学の問題に連なる先駆的文献といえる。

    当時も結構な論争の種だったみたい

  • 308名無し2019/07/20(Sat) 10:05:39ID:I4MDcwNDA(2/3)NG報告

    >>250
    あんまり上手く伝わってなかったからもう一度
    >>253が言ってくれたように明治大正昭和初期あたりの小説家や文筆家やの書いた作品についての熱い気持ちを語ったり作品に対する自分の思いを語ったりその作品や思想に対して議論したりみんなでしたいなぁっておもってさ、上の有島武郎の宣言一つについての話し合いとかみたいにみんなでそういうの話してる所がみたいからさ
    【お題】純文学、近代文学について
    ってしたわけ、まぁとりあえずじゃんじゃん語ってくれぇ!もし学生なら自分のやってる文学とかについての評論推論でも良いぞぉ!とにかくみんなで芥川龍之介とか国木田独歩とかについて語っておるのを見たいたいんじゃー!

  • 309名無し2019/07/20(Sat) 10:16:54ID:I4MDcwNDA(3/3)NG報告

    >>294
    でも敵か味方かだけで判断するのは大分危険な行為だよね、ネトウヨとかブサヨなんて本来の右翼思想左翼思想から外れた頭のおかしな連中の集まりになっちゃってるし、特にブサヨとかはネトウヨの反対の意見を脊髄反射で言うだけの連中に落ちぶれたし…左翼って右翼を否定するだけの思想とかじゃないんだけどな…あんなの左翼ですらない。こういうとこにも敵か味方かだけで考えることの弊害が出てる。本来の考え方はネットにいる頭のおかしな奴らの考え方とは別物だから右翼左翼って聞いただけで拒否するのは勘弁してな!ちな自分は真ん中よりちょい右よりだけどネットで右自称してる連中の(当然左自称してる連中も)大半は話にすらならないからみんなもああいうのには極力触れないようにしてな。

  • 310名無し2019/07/20(Sat) 11:09:58ID:QyOTg4ODA(1/6)NG報告

    >>306
    でも有島武郎の小さきものたちへとかは良いと思う
    妻や子供に対しての愛が感じられる切ない作品

  • 311名無し2019/07/20(Sat) 11:10:55ID:QyOTg4ODA(2/6)NG報告

    >>310
    お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが――父の書き残したものを繰拡くりひろげて見る機会があるだろうと思う。その時この小さな書き物もお前たちの眼の前に現われ出るだろう。時はどんどん移って行く。お前たちの父なる私がその時お前たちにどう映うつるか、それは想像も出来ない事だ。恐らく私が今ここで、過ぎ去ろうとする時代を嗤わらい憐あわれんでいるように、お前たちも私の古臭い心持を嗤い憐れむのかも知れない。私はお前たちの為ためにそうあらんことを祈っている。お前たちは遠慮なく私を踏台にして、高い遠い所に私を乗り越えて進まなければ間違っているのだ。然しながらお前たちをどんなに深く愛したものがこの世にいるか、或はいたかという事実は、永久にお前たちに必要なものだと私は思うのだ。お前たちがこの書き物を読んで、私の思想の未熟で頑固がんこなのを嗤う間にも、私たちの愛はお前たちを暖め、慰め、励まし、人生の可能性をお前たちの心に味覚させずにおかないと私は思っている。だからこの書き物を私はお前たちにあてて書く。

  • 312名無し2019/07/20(Sat) 11:12:30ID:QyOTg4ODA(3/6)NG報告

    >>311
    お前たちは去年一人の、たった一人のママを永久に失ってしまった。お前たちは生れると間もなく、生命に一番大事な養分を奪われてしまったのだ。お前達の人生はそこで既に暗い。この間ある雑誌社が「私の母」という小さな感想をかけといって来た時、私は何んの気もなく、「自分の幸福は母が始めから一人で今も生きている事だ」と書いてのけた。そして私の万年筆がそれを書き終えるか終えないに、私はすぐお前たちの事を思った。私の心は悪事でも働いたように痛かった。しかも事実は事実だ。私はその点で幸福だった。お前たちは不幸だ。恢復かいふくの途みちなく不幸だ。不幸なものたちよ。
     暁方あけがたの三時からゆるい陣痛が起り出して不安が家中に拡ひろがったのは今から思うと七年前の事だ。それは吹雪ふぶきも吹雪、北海道ですら、滅多めったにはないひどい吹雪の日だった。市街を離れた川沿いの一つ家はけし飛ぶ程揺れ動いて、窓硝子ガラスに吹きつけられた粉雪は、さらぬだに綿雲に閉じられた陽の光を二重に遮さえぎって、夜の暗さがいつまでも部屋から退どかなかった。電燈の消えた薄暗い中で、白いものに包まれたお前たちの母上は、夢心地に呻うめき苦しんだ。私は一人の学生と一人の女中とに手伝われながら、火を起したり、湯を沸かしたり、使を走らせたりした。産婆が雪で真白になってころげこんで来た時は、家中のものが思わずほっと気息いきをついて安堵あんどしたが、昼になっても昼過ぎになっても出産の模様が見えないで、産婆や看護婦の顔に、私だけに見える気遣きづかいの色が見え出すと、私は全く慌あわててしまっていた。書斎に閉じ籠こもって結果を待っていられなくなった。私は産室に降りていって、産婦の両手をしっかり握る役目をした。陣痛が起る度毎たびごとに産婆は叱るように産婦を励まして、一分も早く産を終らせようとした。然し暫しばらくの苦痛の後に、産婦はすぐ又深い眠りに落ちてしまった。鼾いびきさえかいて安々と何事も忘れたように見えた。産婆も、後から駈けつけてくれた医者も、顔を見合わして吐息をつくばかりだった。

  • 313名無し2019/07/20(Sat) 11:14:11ID:QyOTg4ODA(4/6)NG報告

    >>312
    医師は昏睡こんすいが来る度毎に何か非常の手段を用いようかと案じているらしかった。
     昼過きになると戸外の吹雪は段々鎮しずまっていって、濃い雪雲から漏れる薄日の光が、窓にたまった雪に来てそっと戯たわむれるまでになった。然し産室の中の人々にはますます重い不安の雲が蔽おおい被かぶさった。医師は医師で、産婆は産婆で、私は私で、銘々めいめいの不安に捕われてしまった。その中で何等の危害をも感ぜぬらしく見えるのは、一番恐ろしい運命の淵ふちに臨んでいる産婦と胎児だけだった。二つの生命は昏々こんこんとして死の方へ眠って行った。
     丁度三時と思わしい時に――産気がついてから十二時間目に――夕を催す光の中で、最後と思わしい激しい陣痛が起った。肉の眼で恐ろしい夢でも見るように、産婦はかっと瞼まぶたを開いて、あてどもなく一所ひとところを睨にらみながら、苦しげというより、恐ろしげに顔をゆがめた。そして私の上体を自分の胸の上にたくし込んで、背中を羽がいに抱きすくめた。若し私が産婦と同じ程度にいきんでいなかったら、産婦の腕は私の胸を押しつぶすだろうと思う程だった。そこにいる人々の心は思わず総立ちになった。医師と産婆は場所を忘れたように大きな声で産婦を励ました。
     ふと産婦の握力がゆるんだのを感じて私は顔を挙あげて見た。産婆の膝許ひざもとには血の気のない嬰児えいじが仰向けに横たえられていた。産婆は毬まりでもつくようにその胸をはげしく敲たたきながら、葡萄酒ぶどうしゅ葡萄酒といっていた。看護婦がそれを持って来た。産婆は顔と言葉とでその酒を盥たらいの中にあけろと命じた。激しい芳芬ほうふんと同時に盥の湯は血のような色に変った。嬰児はその中に浸された。暫くしてかすかな産声うぶごえが気息もつけない緊張の沈黙を破って細く響いた。
     大きな天と地との間に一人の母と一人の子とがその刹那せつなに忽如こつじょとして現われ出たのだ。
     その時新たな母は私を見て弱々しくほほえんだ。私はそれを見ると何んという事なしに涙が眼がしらに滲にじみ出て来た。それを私はお前たちに何んといっていい現わすべきかを知らない。私の生命全体が涙を私の眼から搾しぼり出したとでもいえばいいのか知らん。その時から生活の諸相が総すべて眼の前で変ってしまった。

    ↑ここまではまだ幸せだったんだけどね…

  • 314名無し2019/07/20(Sat) 11:17:43ID:QyOTg4ODA(5/6)NG報告

    >>313
    お前たちの中うち最初にこの世の光を見たものは、このようにして世の光を見た。二番目も三番目も、生れように難易の差こそあれ、父と母とに与えた不思議な印象に変りはない。
     こうして若い夫婦はつぎつぎにお前たち三人の親となった。
     私はその頃心の中に色々な問題をあり余る程ほど持っていた。そして始終齷齪あくせくしながら何一つ自分を「満足」に近づけるような仕事をしていなかった。何事も独りで噛かみしめてみる私の性質として、表面うわべには十人並みな生活を生活していながら、私の心はややともすると突き上げて来る不安にいらいらさせられた。ある時は結婚を悔いた。ある時はお前たちの誕生を悪にくんだ。何故自分の生活の旗色をもっと鮮明にしない中に結婚なぞをしたか。妻のある為めに後ろに引きずって行かれねばならぬ重みの幾つかを、何故好んで腰につけたのか。何故二人の肉慾の結果を天からの賜物たまもののように思わねばならぬのか。家庭の建立こんりゅうに費す労力と精力とを自分は他に用うべきではなかったのか。
     私は自分の心の乱れからお前たちの母上を屡々しばしば泣かせたり淋しがらせたりした。またお前たちを没義道もぎどうに取りあつかった。お前達が少し執念しゅうねく泣いたりいがんだりする声を聞くと、私は何か残虐な事をしないではいられなかった。原稿紙にでも向っていた時に、お前たちの母上が、小さな家事上の相談を持って来たり、お前たちが泣き騒いだりしたりすると、私は思わず机をたたいて立上ったりした。そして後ではたまらない淋しさに襲われるのを知りぬいていながら、激しい言葉を遣つかったり、厳しい折檻せっかんをお前たちに加えたりした。
     然し運命が私の我儘わがままと無理解とを罰する時が来た。どうしてもお前達を子守こもりに任せておけないで、毎晩お前たち三人を自分の枕許や、左右に臥ふせらして、夜通し一人を寝かしつけたり、一人に牛乳を温めてあてがったり、一人に小用をさせたりして、碌々ろくろく熟睡する暇もなく愛の限りを尽したお前たちの母上が、四十一度という恐ろしい熱を出してどっと床についた時の驚きもさる事ではあるが、診察に来てくれた二人の医師が口を揃そろえて、結核の徴候があるといった時には、私は唯ただ訳もなく青くなってしまった。

  • 315名無し2019/07/20(Sat) 11:20:05ID:QyOTg4ODA(6/6)NG報告

    ここから先が重要なポイントなんだけどお母さんが結核にかかっちゃうんだよね…もしよければこの小さきものたちへって話も見てみてね

  • 316名無し2019/07/20(Sat) 11:23:29ID:kxMzQ3MjA(5/6)NG報告

    >>309
    というか右は保守、左は革新派と本で読んだんだが今はなぜ右は軍国、左は社会主義になってしまったんだ?

  • 317名無し2019/07/20(Sat) 13:03:41ID:IyOTE4NDA(1/1)NG報告

    >>308
    それなら中島敦の山月記が好きだなあ。虎になってしまった李徴の気持ちがなんとなくわかって、今でも内容を忘れられない。あと「尊大な羞恥心」と「臆病な自尊心」って言い回しが好きだった。

  • 318〆サバ2019/07/20(Sat) 21:34:01ID:g5NTQyNDA(4/5)NG報告

    >>309
    京アニ関連のツイートとか、参院選の推しの政治家を当選させるためにゴリ押し主張してくるツイート見てると、ツイッターのいいねって、自分が正しいと錯覚させるナルシスト生産機だなぁと思うようになった。
    さっきなんとなくサンドイッチマンの復活力読んでたけど、人生って案外なんとかなるんだな
    と思うようになったよ。タレントの書く書籍は自己啓発本よりもエッセイのほうが圧倒的に面白いのが多いよね。

    興奮してきたな!

  • 319名無し2019/07/20(Sat) 21:40:17ID:kxMzQ3MjA(6/6)NG報告

    >>308
    泉鏡花好き(妖の鼓と海神の話くらいしか読んでないけど)
    特に海神の話はクトゥルフに似た雰囲気があっていいよね
    まだクトゥルフも産まれてない時代だろうに太平洋を隔てた場所で似た雰囲気の作品が生まれたのは不思議だ

  • 320〆サバ2019/07/21(Sun) 20:55:16ID:g1NTM4NTc(5/5)NG報告

    >>308

    芥川龍之介の藪の中かな?

    本編よりも、論文の方が面白い。

レス投稿

1.レス内の『>>(半角数字)』はアンカー、『http~』から始まる文字列はテキストリンク、
 YouTube・ニコニコなど一部動画サイトURLはプレイヤーに自動変換されます。
 アンカーは各レスの『』をクリックで自動入力が可能です。
2.名前の後に『#(任意の文字列)』でトリップを生成可能です。(※2ちゃんねると互換性なし)
3.画像投稿は1回の投稿につき1枚まで可能、各画像はサムネイル表示されます。
 GIF形式の画像はクリックまたはタップで再生されます。
4.誹謗中傷・暴言・煽り・スレッドと無関係な投稿は削除・規制対象となる場合がございます。
 また、他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。
※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください。
 規約違反がある場合は各レスについている『報告』ボタンから管理人へ通知可能です。
 個別の削除依頼は『お問い合わせ』からご連絡ください。