型月民が愛読書とかを語る

137

  • 1本の虫2019/03/17(Sun) 15:31:44ID:c1OTkzNDE(1/8)NG報告

    いつも共に型月作品を語りあっている皆さんが一体どんな小説・マンガ・娯楽作品を嗜んでいるのか気になってスレを立てたいと思いました。

  • 2本の虫2019/03/17(Sun) 15:46:49ID:c1OTkzNDE(2/8)NG報告

    おお立ってる、良かった。スレを立てたのが初めてだ から色々と至らぬところはあると思いますが、どうか皆さん宜しくお願いします!

  • 3名無し2019/03/17(Sun) 15:58:32ID:A5MzA5NjE(1/2)NG報告

    おつおつ 盛り上がるといいね
    ロシア文学はもっとみんな読んでくれたらなって思う
    ドストエフスキーの『地下室の手記』とか、150年以上前の古典とは思えないくらい現代人にザックリ刺さるのでおススメ

  • 4名無し2019/03/17(Sun) 16:07:54ID:MyMTU4ODY(1/1)NG報告

    型月作品以外でってこと?
    最近読んでるのは本好きの下克上。
    アニメ化決定らしいけど、ドラマCD版ではプーサーの人だったヒーロー(20)の声が時臣の人になるとかで、えらく変わるなぁと吃驚した。

  • 5名無し2019/03/17(Sun) 16:12:08ID:A3ODcxOTc(1/2)NG報告

    多分型月ファンの多くが読んでるであろう『虚構推理』
    民話、伝承への解釈や信仰・噂への人々の集団心理等の細やかな描写は結構刺さるはず。
    最近は漫画版が連載中だから小説版、漫画版の両方を手に取って貰えると嬉しいな。

  • 6名無し2019/03/17(Sun) 16:13:03ID:gzMDgyODU(1/1)NG報告

    好きなシリーズ晒す

  • 7本の虫2019/03/17(Sun) 16:21:44ID:c1OTkzNDE(3/8)NG報告

    参考になります。そういえば江戸川乱歩の作品にもドストエフスキーの小説に影響を受けたものがあると噂にきいたことがあります。まだ読めていないのですが僕もドストエフスキーの『罪と罰』はもっているので、まずはそこから読んで、いずれ>>3で紹介していただいた『地下室の手記』も読んでみたいと思います!
    ありがとうございます!(150年前ってことは青空文庫に翻訳版はあるかな?)

  • 8本の虫2019/03/17(Sun) 16:37:58ID:c1OTkzNDE(4/8)NG報告

    >>4
    型月作品を絡めての語り合いも大歓迎です!
    例 小説を読んでいて気に入った設定や人物・シチュエーションなどを型月風に解釈するとどうなるか?
    型月作品の元ネタ・設定解説(ホームズとかジキル博士とハイド氏とか)
    型月作品の設定におとしこんでみたい小説の世界観とか
    成田先生のfate新作出るね!とか
    こういったことも含めて皆さんと沢山語り合うことができたら幸いです!
    >>5
    『虚構推理』ですか
    5さんの説明が面白そうだったので興味が湧きました。

  • 9名無し2019/03/17(Sun) 16:50:52ID:E2MzI0MTE(1/2)NG報告

    >>5
    自分も好きです虚構推理
    短編集では漫画じゃ語られないエピソードもあって良いですよね

  • 10名無し2019/03/17(Sun) 16:59:43ID:A1MzcwMDY(1/1)NG報告

    好きな作品で宮沢賢治さんの作品を挙げます
    基本的にどの作品も好きなんですけど特にグスコーブドリの伝記が好きです
    自分はあれで自己犠牲の美しさと悲しさを知りました

  • 11名無し2019/03/17(Sun) 17:01:19ID:c3MTk3ODU(1/2)NG報告

    剣客商売は未読なら是非とも読んでおくべし。
    おじいちゃんのラノベとして知られる読みやすさ、
    池波正太郎こだわりの食事描写、全てがおすすめだ。
    FGOのりゅーたんみたいな爺さんが大活躍してるぞ。

  • 12名無し2019/03/17(Sun) 17:11:44ID:gzNDI2MTg(1/3)NG報告

    純小説が多いとついつい書くのためらわれるけどラノベやライト文芸でもいいのよね?

    あやかし夫婦やかくりよの宿飯、フーバニア国異聞、夢の上シリーズに勾玉シリーズ、なろうなら台所召喚や聖女の姉みたいな、異世界見れるファンタジーものやほかほかを美味しそうに頬張るご飯ものが好きだなあ。
    あやかし夫婦の酒呑茨木丑御前その他もろもろの型月設定との違いやそれらが同じ歴史説話を元ネタにしたことを考えると「歴史の修正力ってあるいはこういうことなのかな」と思ったり。

  • 13名無し2019/03/17(Sun) 17:16:40ID:k1MTkyODY(1/2)NG報告

    推理小説からひとつ。
    自分は「9マイルは遠すぎる」を推薦。

    検事である「私」は大学教授で友人の「ニッキィ」と喫茶店を出る途中に男とすれ違う。
    そのすれ違いざまにその男は「9マイルを歩くのは容易ではない。ましてや雨の中となるとなおさらだ。」
    と言葉をもらす。
    探偵役「ニッキィ」はその一言から3つの推論をする。

    1・話し手はうんざりしている。
    2・話し手は雨が降ることを予想していなかった。
    3・話し手はスポーツマンや戸外活動家ではない。

    そこから「ニッキィ」は論理的思考を広げていき事件へとつながっていることを推理する。

    何気ない一言なんて存在しないかもしれない。
    文章も読みやすくロジカルシンキングの魅力が詰まってるので是非読んでほしい。

  • 14名無し2019/03/17(Sun) 17:19:56ID:c3NTYxNjM(1/1)NG報告

    異聞帯世界っぽいSFとして
    オルダス・ハクスリーの「すばらしい新世界」とブライアン・オールディスの「地球の長い午後」
    >>7
    ドストエフスキーなら「カラマーゾフの兄弟」ははずせない。
    親族間の内輪もめが主題のサスペンスが好きならかなりハマると思う。

  • 15名無し2019/03/17(Sun) 17:25:05ID:A4Mzg1Mjk(1/7)NG報告

    >>14
    異聞帯みたいなSFならディックは欠かせないと思うよ。『高い城の男』はナチスの存続みたいに歴史ifネタとしても使えるしさ。あとはジョージ・オーウェルの『1984年』もディストピア小説としては素晴らしい。シンはジョージ・オーウェルみたいな世界だと思ってた。

  • 16名無し2019/03/17(Sun) 17:26:35ID:IxMjM4NDY(1/1)NG報告

    自分がミステリーに嵌まった一作である綾辻行人の「十角館の殺人」および館シリーズ
    このシリーズは一貫して叙述というか小説だからこそできるトリックを使ってるミステリーでとても面白い

  • 17名無し2019/03/17(Sun) 17:26:46ID:A5MzA5NjE(2/2)NG報告

    >>7 どういたしましてですよ 罪と罰は容量こそまあまああるけど、お話はそこまで複雑じゃないしオススメです
    青空文庫には地下室の手記が地下生活者の手記ってタイトル(訳の関係でタイトル違いってだけ)であるけど、古い訳だから読みづらいかもしれない、Kindle Unlimitedとかに現代的な訳のものもあるからその辺加味して選ぶのも大切かも

  • 18名無し2019/03/17(Sun) 17:32:49ID:A4Mzg1Mjk(2/7)NG報告

    >>15
    おれはハヤカワのディック作品は表紙のデザインも好きなんだよね。

  • 19名無し2019/03/17(Sun) 17:40:46ID:A3ODcxOTc(2/2)NG報告

    木内一裕さんの『キッド』
    『藁の楯』や漫画『ビーバップハイスクール』で有名な木内一裕さんだけどこの作品は本当に傑作。

    それなりの量はあるのに頁をめくる手が一切止まらず最後まで読み切ってしまう。個性的なキャラクターを魅力的に書いており、なおかつストーリーは止まることなくテンポよく進み続ける。例えるなら坂道を自転車で駆け抜けるような爽快な感覚で読むことが出来るため活字が苦手な人もオススメ。
    特に主人公は一般人なのに非合法組織の方々と死体の取り合いをすることになるというかなり特殊な経緯を辿ることになるが、そこからの逆転劇は馬鹿馬鹿しい程面白いとしか言えないので興味が湧いたら是非手に取って欲しい。

    もしも気に入ったら同作者の『嘘ですけど、なにか?』や『水の中の犬』にも手を取って欲しい。木内一裕さんの作品はとにかく気持ちの良い読了感を味わえる。感想文を書きたくなるような作品。

  • 20名無し2019/03/17(Sun) 18:03:21ID:QyNTM0NTk(1/1)NG報告

    ドストエフスキーって言おうとしたら既に挙げられたので、
    「ドストエフスキーの詩学」(著 ミハイル・バフチン) 。
    詳しい内容の紹介はググってもらうとして、簡潔に言うと、ドストエフスキー文学に関する優れた評論。
    ドストエフスキーの本を読んで感じた魅力を再発見できる本。
    著者のドストエフスキー文学に対する愛情と熱意が感じられて楽しい。
    ドストエフスキーに限らず普遍的な文学論としても非常に面白い。
    特に、大学入試までの「物語」に対してフラストレーションを感じたことのある人は読めば頭の中が整理されると思うのでオススメ。
    >>7
    ちょっと重めかもだけど比較的読みやすいと思うし、愛読書スレだし良いよね?

  • 21名無し2019/03/17(Sun) 18:14:04ID:k4ODkyNzE(1/5)NG報告

    ラノベからだとされど罪人は竜と踊る
    自分の思考にかなり影響を与えた
    鬱々しいし、それを否定はしないけど陰惨さを極めてなお残る愛や誠意といったものは素晴らしいと思えるひねくれた人間賛歌

    一般文芸だと鬼平犯科帳
    間の取り方がねいいんですよ

    漫画はイレブンソウル
    人の間にいるから人間、十を一にする心を持つのが志とか嫌味にならない含蓄のある台詞回しが魅力

    専門書だと銃・鉄・病原菌
    異世界物を書く前にこれだけは読んでおきたい一冊
    家畜から戦争、人間心理まで進化生物学で歴史を分析した不朽の名著

  • 22本の虫2019/03/17(Sun) 18:22:29ID:c1OTkzNDE(5/8)NG報告

    >>20
    もちろんです!
    小説・歴史書や○○史記・自伝・科学書など学術書・小説の映画化やドラマ化などの映像作品・○○偉人伝や伝記・オペラやクラシックなど芸術関連の本・民俗本やそれぞれの国の資料などなんでもOKです!
    >>12
    OKです!なんでしたら気に入った作品を色々と語ったりしてみてください(作品の設定を型月設定と絡めたりしてみても面白いかも?)

  • 23本の虫2019/03/17(Sun) 18:36:21ID:c1OTkzNDE(6/8)NG報告

    例としてかいてみた
    京極堂が型月世界にいたら、大昔に言葉で根源を目指した魔術師の末裔とかそういう設定のキャラになりそうだよね
    (さらっと考えた例なのであんまり考察出来なそうな内容ですいませんけどこんなかんじで話してみたりするのも良いかなぁ~と)

  • 24名無し2019/03/17(Sun) 18:55:54ID:gyNDY3MDY(1/1)NG報告

    ラノベなら他作品が該当しそう
    小説とかエッセイとかかね

  • 25名無し2019/03/17(Sun) 19:13:25ID:k0Mjg1ODQ(1/1)NG報告

    >>22
    小説でなくてもオッケーと言う事ですので、横からですがオススメさせていただきます

    「シャーマニズム」  上巻・下巻(ちくま学芸文庫)
    ミルチャ=エリアーデ (著)、 堀 一郎 (翻訳)

    型月世界の魔術理論やら設定、バックボーンが好きな人の心にはヒットするかもしれません。私にはしました
    シャーマニズムと言えばジェロニモさんのスキルにそんな名の物がありますが、日本で言うイタコや巫(かんなぎ)の話から、ちょっと昔の世界の国で「魔術」とされていたものにこんなものがあったのかな、と言うところにロマンを感じられるかと

  • 26名無し2019/03/17(Sun) 20:28:59ID:A4NTM0Nzc(1/1)NG報告

    以前他作品スレにも投稿したけど「ヴェニスに死す」は良いぞ。
    過去の輝かしさは遠ざかり老いさらばえ枯れ果てていく主人公、華やかなイメージとは裏腹に疫病の影が差し重苦しく沈んでいくヴェネツィアの雰囲気、その中でひたすら美しく尊き存在感を放つタッジオ少年。これらの対比がまことにベネ。
    退廃的な空気が好きな方は是非ともどうぞ。前半部分が難解で読みにくいのは認める。

  • 27名無し2019/03/17(Sun) 20:32:56ID:IyNDg2MTg(1/1)NG報告

    児童書でもいいかな?自分の本好きの始まり、エミリーロッダ先生のデルトラクエスト、ダレン・シャン先生のダレン・シャンはオチ構成含めて自分の創作の一部になってる

  • 28名無し2019/03/17(Sun) 20:42:43ID:EyMjMxNjM(1/1)NG報告

    >>27
    デルトラは初めて読んだダークファンタジーで衝撃だったな
    基本的に炎の玉を飛ばしたりする派手な魔法は使えないし主人公達が圧倒的に剣の腕に優れてるわけでもないので知略でなんとかするのが基本の上、ほとんどの敵は倒すことができずにやり過ごすか逃走するだけ
    だからこそどうやって問題を解決するんだろうってドキドキしてオチに膝を叩いた
    第一シリーズのラストは二段構えですごいドキドキしたわ

  • 29名無し2019/03/17(Sun) 21:50:10ID:A4Mzg1Mjk(3/7)NG報告

    >>23
    榎木津家は魔眼を持つ魔術師の末裔になりそうだね。そして堂島大佐は冠位に相当する魔術師でモリアーティみたいな活動をする人になりそう。眼をつけられた京極堂が大変だ。

  • 30名無し2019/03/17(Sun) 21:52:13ID:A4Mzg1Mjk(4/7)NG報告

    復讐をテーマに扱って本を探しているけれど何かおすすめはありますか?
    自分はなろう作品で何作か読んでみたけれどどれも復讐楽しい!ヒャッハーみたいなのりでそれが合わなかったんですよね。
    復讐をテーマにするとモンテ・クリスト伯、恩讐の彼方にとかが好きなんです。

  • 31名無し2019/03/17(Sun) 21:54:21ID:EwMjM0Njk(1/1)NG報告

    戦記物で佐藤大輔の「皇国の守護者」
    あの作者の卓越した世界観構築と色んな意味で歪んだ主人公像と経済観念が化学反応おこしてとんでもないことになってる。

    続きヨミタカッタナ……

  • 32名無し2019/03/17(Sun) 22:02:08ID:YzODkzNjM(1/1)NG報告

     コロコロコミックかな。もう今年で二十歳なのに幼少の頃から読み続けてる筋金入りよ。
    んで以前読んでた作品の復活する度ワクワクを思い出してんだ。

  • 33名無し2019/03/17(Sun) 22:19:34ID:kyNjYxOTE(1/3)NG報告

    >>30
    エリスの聖杯がオススメ
    主人公が復讐を手伝う側
    時間が泥棒される(自分はされた)
    以上の二点を気をつけて楽しんでね
    復讐なんだけど笑ったり泣いたり自分は楽しめた

  • 34名無し2019/03/17(Sun) 22:20:59ID:kyNjYxOTE(2/3)NG報告

    >>33
    自レスでごめん
    なろうで、を入れ忘れた

  • 35名無し2019/03/17(Sun) 22:22:55ID:k1MTkyODY(2/2)NG報告

    >>30
    メジャーなところであれば「白髪鬼」や「嵐が丘」なんていかがでしょうか

  • 36本の虫2019/03/17(Sun) 22:57:41ID:c1OTkzNDE(7/8)NG報告

    >>27
    児童書良いですよね、自分は海外の児童書はあまり読まなかった(子供のころ読んだ外国のはゲド戦記くらいかな?主に日本のを読んでました。コソアドの森とかレストランシリーズ守り人シリーズ読んだことある人いますかな?)のですが、ハリー・ポッターシリーズとかハウルシリーズ・ナルニアシリーズなんかは型月と親和性高そうなとこありますよね!
    ところで、27さんは創作活動をなさってる方なんですか!?

  • 37名無し2019/03/17(Sun) 22:58:12ID:g1ODA5NTU(1/1)NG報告

    『ガルガンチュアとパンタグリュエルの物語』
    ルネサンス期に作られたものだけど
    割と本気で腹を抱えて笑える本。
    当時の教会事情を知ってればなおさら。

    『悪魔の辞典』
    小説家芥川も絶賛して影響を受けた毒舌評論家アンブローズ・ビアスの作品。
    読了後はスゴク意地悪な気持ちになるぞ。

    『アリエナイ理科ノ教科書シリーズ』
    ハッキリ言って有害図書。どう考えてもやばいネタてんこ盛り。
    だけど面白いぞーー。

  • 38名無し2019/03/17(Sun) 22:59:23ID:AwNzQzMzY(1/1)NG報告

    クラフトエヴィング商會とか好き。それのストーリー担当である吉田篤弘の小説も好き。
    言葉遊びや連想ゲームの連続でできてるみたいな作風。
    吉田音(同名の漫画家では無い)って名義でも出してる。娘という設定だけどあくまで設定で吉田篤弘自身が書いてるっていうね。

    特に商會の方は、架空の品物を作って写真付きで出してきて、それにまつわるショートストーリーを騙ってくれる。
    表紙から中に入ってるチラシ(新聞)まで全て凝ってて、本というパッケージ全体で世界を作ってるのがすごく好きだな(なので文庫版より写真たっぷりのハードカバー版を推すぜ)。
    商會名義で一番小説の体をしている「クラウドコレクター 雲をつかむような話」が特に好き。

    (最近の作品全然読めてないんで初期作品の情報だけで済まぬ……)

  • 39名無し2019/03/17(Sun) 23:39:57ID:k4ODkyNzE(2/5)NG報告

    日本のファンタジーなら守り人シリーズや十二国記は鉄板でしょうね
    あとは月神の統べる森でシリーズやルドルフとイッパイアッテナの作者のジーク月のしずく日のしずくとか

  • 40名無し2019/03/18(Mon) 00:11:54ID:IwOTIxNg=(1/1)NG報告

    名作と呼ばれている作品の中からなら
    「アルジャーノンに花束を」をおすすめしたい
    一人分の人生を追体験した気になれるくらい自分の感情を揺さぶられますね
    桜エンドノーマル(トゥルーなどない:重要)のような気持ちになれます
    文章は読みやすいのが良点ですね

    ライトノベルからなら
    「人類は衰退しました」
    完結しているのと、主人公の成長が売りですね
    ただ、文章は人を選びます
    そこを乗り越えたらのめり込めると思います
    ロミオさんにはわた助手みっちりの外伝をとっとと沢山書いてもらいたいものです
    (モットダシテモライタイナー)

  • 41名無し2019/03/18(Mon) 01:04:47ID:IxODAzODI(1/2)NG報告

    獣の奏者もいいぞ(小声)

  • 42名無し2019/03/18(Mon) 01:30:09ID:k0NjcxNjY(1/1)NG報告

    >>5
    イベスレでも考察段階で話があがってだけどさ、虚構推理の考え方って『「真相」は「真実」である「必要がなく」、「嘘」をどうやって辻褄を合わせて合理的にして真実を隠すか。』なんだよね

  • 43名無し2019/03/18(Mon) 01:30:43ID:E5NzAxNTQ(1/1)NG報告

    読んでくれよー頼むよー
    実質今やってる5部の後日談だし
    なんてったってブギーポップの上遠野先生が書いてるんだぜー
    いかんせん知名度の関係で地味なんだよー

  • 44名無し2019/03/18(Mon) 01:37:07ID:YwOTY3ODQ(1/1)NG報告

    面白いんだけど見返したくないのに夏になると自然と読み返す、そんなラノベ貼る

  • 45名無し2019/03/18(Mon) 02:12:14ID:MxNTQzOTA(2/2)NG報告

    >>39
    十二国記を初めての人に勧めるならやっぱり図南の翼だよね

  • 46名無し2019/03/18(Mon) 03:45:51ID:kwMDQ4ODA(1/3)NG報告

    >>26
    貼らねばいけない気がした
    説明文はヴェネツィアなのはベネ

    愛読者は太宰治だな
    一番は駆け込み訴え。ユダの心情を上手く解釈していて、愛するあまり憎しみに変わる感じをリズミカルな文章で表現している
    「申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷い。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。」
    ここの部分は声に出して読みたい日本語No.1

    太宰作品はビブリア古書堂シリーズで重要な役割を果たしていたのは嬉しかった。ただし劇場版はダメだ。太宰ファンならシナリオ書いたやつを殴りたくなる

  • 47名無し2019/03/18(Mon) 10:52:53ID:QxMjIyMTY(1/4)NG報告

    一時期宮部みゆきのあかんべえって本を擦り切れるくらい読んでたな
    主人公の女の子の気持ちがなんかすごいぎゅーっときた
    短編集とかも読みやすい話が多いからお勧め

    漫画もありなんだよね確か、だったら動物のお医者さんをおすすめする
    少女漫画なんだけど恋愛はなくって低温でテンポよくすすむコメディ系の話で男性受けもいいよ

  • 48名無し2019/03/18(Mon) 10:54:39ID:I4MDkxMzg(1/1)NG報告

    >>41
    鹿の王も忘れないであげて(小声)

  • 49名無し2019/03/18(Mon) 10:55:26ID:QxMjIyMTY(2/4)NG報告

    >>41
    精霊の守り人シリーズもね!

    あとタイトル忘れちゃったんだけどさ、児童書のシリーズではるか古代の世界を描いたシリーズが面白かった
    確か主人公の相棒が狼でヒロインがワタリガラス族って一族出身

  • 50名無し2019/03/18(Mon) 10:57:31ID:QxMjIyMTY(3/4)NG報告

    この歳になってから思うようになったけど、児童書って読みやすい文章で面白いのがすごいね
    難しい文章とはまた違った空気になる

  • 51名無し2019/03/18(Mon) 11:23:14ID:Y0MzY1OTI(1/2)NG報告

    『戯言シリーズ』 作:西尾維新
    『化物語』『刀語』シリーズで知られる西尾維新の初期の作品。
    主人公『ぼく』を中心としたミステリ系ではあるんだけど、王道から一歩外れたものが読みたい人にはぜひおすすめしたい。
    個人的には『クビシメロマンチスト』が一番の傑作だと思ってる。

    『月から降りた人』シリーズ 作:たつみや章
    日本神話をモチーフにしたファンタジー系児童書。
    小学生の時に読んで今でも記憶に残り続けるくらい印象深い作品。
    文体も易しく、スラスラ読めるところもおすすめ。

    『妖怪アパートの幽雅な日常』シリーズ 作:香月日輪
    主人公の心情に共感しながら成長できる気がする作品。
    作者の方が若くして亡くなったときは本当にショックだった。

  • 52本の虫2019/03/18(Mon) 12:17:36ID:U1NDgwMTQ(8/8)NG報告

    >>46
    太宰治良いですよね、自分が個人的に好きなのは短編の『トカトントン』なのですがどうですかね?
    >>47宮部みゆきも良いですよね、自分は学校にあった『ブレイブストーリー』から宮部作品に入りました。あー本棚においたソロモンの偽証も読まないとなぁ!

  • 53名無し2019/03/18(Mon) 12:46:57ID:kzNDg5NjY(5/7)NG報告

    >>33>>35
    ありがとうございます。参考にします。

    今さらですが最初にクリプターの名前でオフェリアが出てきたとき、中原中也を想像した人っていませんか?彼の詩にオフェリアがあったのを覚えていたので思わず反応してしまったんでよね。

  • 54名無し2019/03/18(Mon) 13:09:23ID:kwMDQ4ODA(2/3)NG報告

    >>52
    トカトントンも良いですね
    太宰は落語好きで文章もすごくテンポ良く小気味良いしユーモアがある
    そして駄目人間にリアリティがある

  • 55名無し2019/03/18(Mon) 13:18:30ID:YyOTQ1MTQ(1/1)NG報告

    児童書ならはやみねかおる作品もいいですよね。
    「そして五人がいなくなる」はストーリーやトリックは勿論、教師として働いていた著者の教育観が透けて見える所が好きです。

  • 56名無し2019/03/18(Mon) 13:30:47ID:U3MjY1ODQ(1/1)NG報告

    辻村深月さんの「子どもたちは夜と遊ぶ」、江國香織さんの「すいかの匂い」が読んでて好きだなあと思った
    なんというか、文章がきれいで入ってきやすいのと、個人的に雰囲気がぐっとくるというかなんというか(語彙力
    明治〜昭和あたりなら中原中也とか室生犀星が好きかな

    あと文学じゃなくて美術書(写真集?)なんだけど、「テロメア」っていう本がめちゃくちゃ気に入ってる
    植物を押し花にしたものに光を透かしているようなものが並んでるだけなんだけど、そこに一瞬も永遠も閉じ込められているようなうつくしさがあってハッとさせられたな

  • 57名無し2019/03/18(Mon) 13:35:58ID:cyMDQzMjg(1/1)NG報告

    >>53 自分はそれこそシェイクスピアのハムレットを連想したから、中原中也っていうのは初めての知見だな
    主は日本の近代古典とかがお好みなの?

  • 58名無し2019/03/18(Mon) 13:47:27ID:cxNjg0OTg(1/1)NG報告

    >>52
    ソロモンの偽証はなかなかキツいので注意。杉村三郎シリーズでも思ったけど、宮部さんは人間の悪意や人間社会の歪みを書くのが天才的よね。未読の模倣犯や英雄の書がかなり怖いと聞くけど誰か読んだ人いない?

  • 59名無し2019/03/18(Mon) 13:56:12ID:IwMDE5OTQ(1/1)NG報告

    この前うつのみやこども賞(子供が審査員を務めている友達に薦めたい本が選ばれる賞)を4回目の受賞したはやみねかおる先生から「機巧館のかぞえ唄 名探偵夢水清志郎事件ノート」おすすめしたい…児童書とは思えぬ骨太ミステリーとシリーズの中でもシリアスで胡蝶の夢のような読み口で一番好き

  • 60名無し2019/03/18(Mon) 14:00:18ID:k2MTQxNzI(2/3)NG報告

    >>36
    こそあどミュージカルスパイスが楽しくって好きだったなあ。あと、それでこそあどの意味小学校で習うまえに知ってて先生にちょっと驚かれた。

    母さんが借りてきてくれた児童書や図書館で借りた本、面白いし心に残ってるけど今読み返そうとするとタイトルが思い出せないってのも多いのよね……。いるかもわからないドラゴン退治の旅に出た心が子供な王子さまといないドラゴンをはりぼての偽物用意してそれ退治して満足してもらおうとヘトヘト暗躍する従者のお話、好きだったなあ。

  • 61名無し2019/03/18(Mon) 14:17:56ID:E4NDYwMzY(1/1)NG報告

    >>58
    英雄の書は4〜5年前に読んだが、そこまで怖くはなかったと思う。自分としては面白かったが、ここで終わっちゃうのか…って感じだったな…
    読者の想像に任せるってことなんだろうが

    上でもあがってるけど、宮部みゆきのファンタジー小説は、自分の中ではやっぱり「ブレイブストーリー」が最高傑作かな

  • 62名無し2019/03/18(Mon) 14:21:51ID:Y0MzY1OTI(2/2)NG報告

    >>61
    ICOもいいぞ

  • 63名無し2019/03/18(Mon) 14:40:48ID:Y2NzU1MDY(1/1)NG報告

    >>51
    『戯言』シリーズ良いよね、私も好き
    自分の人生観というか世界観がまるっと変わるきっかけになった作品

    個人の好みでいえば『Re:ゼロから始める異世界生活』とかかな
    趣味悪いって言われるけど、人の闇や悪い面も上手に書いてあるところが好きなんだ
    明るくて元気な王道主人公も好きだけど、人間ってもっと複雑じゃない?ってなる

  • 64名無し2019/03/18(Mon) 14:47:05ID:I2ODE2Mzg(1/1)NG報告

    >>60
    ドン・キホーテ?王子じゃないけど

  • 65名無し2019/03/18(Mon) 14:54:08ID:g4OTQ2OTY(1/1)NG報告

    >>44
    6月24日はUFOの日

    原作の
    「覚悟を決めた。世界を滅ぼそう」

    「わたしも他の人なんか知らない。みんな死んじゃっても知らない。私も浅羽だけ守る。わたしも、浅羽のためだけに戦って、浅羽のためだけに死ぬ」
    っていうセリフが本当大好き

    私的セカイ系No. 1だわ

  • 66名無し2019/03/18(Mon) 15:28:43ID:IxODAzODI(2/2)NG報告

    宮部先生の本は『ここはボツコニアン』シリーズしか読んだことないや...
    ゲーム関係の小ネタ多数、メタ発言も多数の公式が病気な内容だったりする

  • 67名無し2019/03/18(Mon) 16:39:17ID:kzNDg5NjY(6/7)NG報告

    >>57
    本の趣味は結構広いので特に近代古典が好きというわけではないですね。近代古典なら夏目漱石も好きですし、詩人ならば近代古典とは異なりますが寺山修司とか好きですよ。
    シェイクスピアは読んでるのですがオフェリアとの関連はわからなかったです。

  • 68名無し2019/03/18(Mon) 17:02:14ID:QxMjIyMTY(4/4)NG報告

    >>58
    模倣犯、中学か高校時代に読んだきりだからあいまいだけど確か犯罪者とそれを追う人の視点それぞれを描いた作品だったと思う
    宮部作品らしくメンタルにえぐくてずっしり来た記憶があるな

  • 69名無し2019/03/18(Mon) 17:05:19ID:kzNDg5NjY(7/7)NG報告

    宮部みゆきは模倣犯を読んだ気がすけれど一番印象に残ってるのはステップファーザステップなんだよね。

  • 70名無し2019/03/18(Mon) 17:12:55ID:k2MTQxNzI(3/3)NG報告

    >>64
    恥ずかしながらドンキホーテの断片的でないストーリーはゲームで知った口だけどたぶん違うと思う。
    その王子続編で立派な王様になってたのよ。
    火矢で燃えたはりぼて竜に「このドラゴンはなにもしてないのに殺してしまった……自分が竜退治なんてしたいと言ったばかりに!自分はなんておおばかものなのだ」的な嘆きしたり従者が用意したのと本物のドラゴン(怖くない)が流したのと、三つの水晶の竜の涙が当時の未熟な自分を忘れないよう戒めとしてーとかそういうのは覚えてる(覚え違いもたぶんある)のにタイトルが全然でて来ない。

  • 71名無し2019/03/18(Mon) 18:01:15ID:M5NDk5OTA(1/3)NG報告

    ブギーポップの「ペパーミントの魔術師」を高校時代に延々と読んでた。
    チョコミントアイスが好きだったのと、人間関係で悩んでて正直このアイスが食べたかった。

    でも辛いこと痛いことを忘れる、目をそらすだけじゃ成長できないんだなっていうの教えられるのと、魔術師自身が望まない力だったっていうのが悲しくて。
    いつか魔術師に救いがありますようにと思いながら読んでたな

  • 72名無し2019/03/18(Mon) 18:07:44ID:M5NDk5OTA(2/3)NG報告

    「時の娘」が好き。シェイクスピアのリチャード3世読んでからこれを読むと、落差にびっくりする。
    本当に悪役なのかそれとも悲劇の人なのか、歴史は面白いなと思う。

    「あしながおじさん」「続あしながおじさん」も好き。
    歳の差カップルが好きになったのはこの本の影響。
    続編では福祉関係の仕事をすると、当時の価値観に眉をしかめたくなる時はあるけれど、サリーのより良い方向に向かっていくパワーに元気をもらうのです。サリーに負けず頑張ろうと思う。

  • 73名無し2019/03/18(Mon) 19:46:24ID:Q4MzIyMzQ(3/5)NG報告

    宮部みゆきはドリームバスターと新聞で連載してたブレイブストーリーで知ったな
    なお、どっちも重い
    ブギーポップシリーズは外伝的なビートのディシプリンが好きだった
    格上に知略で立ち向かうのはやはり燃える

  • 74名無し2019/03/18(Mon) 21:05:10ID:czOTM0NzY(1/1)NG報告

    >>60
    こそあどシリーズは昔読みまくったなー
    「真夜中の魔女の秘密」が一番好き
    挿し絵に細かい設定が書き込まれてるのも世界観に没頭しやすくて良かった

  • 75名無し2019/03/18(Mon) 21:29:32ID:M5NDk5OTA(3/3)NG報告

    アリューシャン列島の先住民族の生活を書いた
    「アリューシャン黙示録」が好きなんだ。
    作者がこの文化の研究者というのもあって、自分がその生活をよく知ってるような不思議な実感がある。第一部の女主人公「黒曜石」がかっこいい。

    自然との戦い。他部族の侵略。望まない出産で母になる。それでも子供を守り戦っていく彼女が本当にかっこいい

  • 76名無し2019/03/18(Mon) 21:51:53ID:A4MTc5MTQ(3/3)NG報告

    精霊の守り人も獣の奏者も鹿の王も出てるので狐笛のかなたを推しますね
    上橋さんの作品は小説なのに色鮮やかな美しい景色を見たような気分になるから大好き

    後、畠中さんという人が書いたゆめつげって話も好き

  • 77本の虫2019/03/18(Mon) 21:53:06ID:M2NDczMTQ(1/2)NG報告

    >>74
    『真夜中の魔女の秘密』良いですよね……
    ポットさんとタイプライターで会話するところ、湖の双子が活躍するところ、何よりトマトさんとポットさんの夫婦愛がみれるところが良いですよね!最後の方のポットさんの台詞とかも良いし、あれを読んで夫婦って素敵なものなんだなあって感じました。
    後、この話がのちの【彼】の話に繋がるのも見ててわくわくしました!fateを知る前から【彼】のことを知っていたから玉藻前の設定を見てとてもテンションがあがったおぼえがあります。
    あー良いなあ!みんなで語り合うってやっぱり楽しい!皆さんもっと好きな物事をじゃんじゃん吐き出してくだされ( ノ;_ _)ノ恥ずかしがらずにさぁどうか!

  • 78本の虫2019/03/18(Mon) 21:59:10ID:M2NDczMTQ(2/2)NG報告

    >>60
    ミュージカルスパイスも面白いですよね!
    個人的に気に入ってるのは日本神話みたいな木と竜の話です。確か始まりの木だったかな?
    すいませんこれってスレ主は他の人のコメントに沢山返信しても大丈夫なんですかね?マナー的に

  • 79名無し2019/03/18(Mon) 22:02:49ID:E0MzY2Mg=(1/1)NG報告

    ライトノベルだと一番お気に入りなのが、榊一郎さんのデビュー作『ドラゴンズ・ウィル』

  • 80名無し2019/03/18(Mon) 22:06:27ID:g1MDU3OTQ(2/2)NG報告

    >>78
    返信が荒れるようなネタじゃなければ自分はいいと思いますよ

  • 81名無し2019/03/18(Mon) 22:28:03ID:M0MTMzMTA(1/1)NG報告

    自分の最近のおススメは
    『ヴァイオレットエヴァーガーデン』著 暁 佳奈
    KAエスマ文庫

    アニメ化もされたのでそっちも勿論良いが出来れば原作も読んで欲しい
    アニメ化最大の敵『尺』の制限が無いので個々の人物の心情がより丁寧
    主人公のヴァイオレットが何故ああまで少佐に執着するのか、ホッジンズ社長が何を思って郵便社の人材を集めたのか、等是非知って欲しい

    特に外伝は社員の掘り下げと可愛いヴァイオレットちゃんが見られるのでおススメです

  • 82名無し2019/03/18(Mon) 22:52:10ID:IxMzQyMzk(1/5)NG報告

    今はラノベを推す流れですか?
    彩雲国物語
    電波的な彼女
    紅(くれない)
    ゴブリンスレイヤー
    灼眼のシャナ
    ここら辺が好きですね。自分でも話を書きますが世界観やキャラクター作りにも影響を受けてます。

  • 83本の虫2019/03/19(Tue) 18:53:11ID:QzMTIyNTU(1/1)NG報告

    >>80
    返信ありがとうございます!

  • 84名無し2019/03/19(Tue) 20:05:44ID:gxMjg2OTU(1/2)NG報告

    うん、

  • 85名無し2019/03/19(Tue) 20:18:17ID:gxMjg2OTU(2/2)NG報告

    ↑ミス
    うん、何て言うかスレのタイトルと主がやりたいことが噛み合ってない気がする。
    ちらっと見てると、主は愛読者を話すのに加えていろんな本の設定とカタツキの設定とについて話したり小説の好きなシーンを話したり、他にもいろいろ話したりしたいみたいだしね スレのことについては詳しく知らないけどもし名前変更出来るならした方が良いんじゃないかな?

  • 86本の虫2019/03/20(Wed) 10:01:01ID:c2NTk1MjA(1/6)NG報告

    >>85
    正直な話、タイトルはミスったかな?と思ってます。でも、自分もスレのことには詳しくないもので…

  • 87名無し2019/03/20(Wed) 10:36:04ID:ExNzEzNjA(1/1)NG報告

    ・一夢庵風流記(隆慶一郎)
     知っている人も多いだろう、漫画「花の慶次」の原作。
     漫画の方とは結構違いが多いので、比べてみるのも面白いと思う(朝鮮半島の
    話がまるっと無くなって琉球の話に入れ替えられてるのは政治的なアレコレかねえ)。
     型月のクーフーリンやイスカンダルの「ルーツ」とは言わんが、きっと影響はしている。
     「だがそれがいい」なる台詞は原作小説中には無い。

    ・陰陽師(夢枕獏)
     これまたご存じの。
     現在、安倍晴明がこんなに有名になったことには大いに貢献しているはず。
     源博雅とコンビにしたのは夢枕獏の見事すぎる采配で、史実的には特別親しかったとかいうものではないそうな。
     史実的に、というなら博雅が武士なのは小説中での設定(小説文中に「本作の設定では武士である」みたいに書いてあったこともあるw)。

     個人的に、晴明よりむしろ博雅が好きでなあ。
     普段あまり考えない「ぼくが考えたサーヴァント」のネタとしてときどき思い浮かべる。以前はクラスに困っていたが、今ではルーラー以外に無いように思っている。葉二つ(鬼と交換して得た笛)とか、玄象(琵琶)とか、あるいはそれで奏でる曲(流泉、啄木)とかがスキルや宝具に……とか。
     あと、何やら黒桐幹也を思い出しもするのだな。

  • 88名無し2019/03/20(Wed) 12:12:04ID:M4MTM1MjA(1/3)NG報告

    おそらくこのスレで自分くらいしか読まないであろう本貼る。

  • 89名無し2019/03/20(Wed) 12:18:43ID:c2NTk1MjA(2/6)NG報告

    >>86
    あーそれはスマンちょっと気になったもんででしゃばりすぎた
    そういうのに詳しい人が教えてくれたらありがたいね

  • 90名無し2019/03/20(Wed) 12:21:35ID:Y0ODM2NTY(2/5)NG報告

    >>87
    自分も博雅を英霊とする設定を考えたことがありますね。クラスはキャスターでした。音楽神の加護(真)を持っているとか、キャラメイクしてました。

  • 91本の虫2019/03/20(Wed) 12:21:48ID:c2NTk1MjA(3/6)NG報告

    ん?あれ?

  • 92本の虫2019/03/20(Wed) 12:26:56ID:c2NTk1MjA(4/6)NG報告

    >>89は誰?家の人?

  • 93名無し2019/03/20(Wed) 12:30:54ID:c2NTk1MjA(5/6)NG報告

    なんで気付いた?お前の隣におるやつやでー
    まーマナー違反やろうしここの人達にも迷惑かけるからからもうやめるわスマンナ

  • 94名無し2019/03/20(Wed) 12:42:12ID:Q3MTgxNjA(4/5)NG報告

    >>88
    おっここは世界有用植物事典を出す流れか?

  • 95本の虫2019/03/20(Wed) 12:45:59ID:c2NTk1MjA(6/6)NG報告

    >>93
    ID 端末が別でもアカウント混同してると同じIDになることがあるらしいよ

  • 96名無し2019/03/20(Wed) 13:19:54ID:Y5OTI3MjA(1/1)NG報告

    >>87
    安倍晴明といえば自分は渡瀬草一郎が初めてまともに触れたやつだったからどうにも若者イメージが無くて困る(『陰陽の京』シリーズ)

    渡瀬先生で一番好きなのは『空ノ鐘が響く惑星で』だけどね!遠未来SF世界→剣と魔法のファンタジー世界へ転移物で王族とか政治闘争とかがちゃんと出てくるのはこれが初めてだったから今でも愛読書のシリーズ。
    あと型月ファンって伝奇とか類話神話体系とか蘊蓄語り好きな人が多いイメージだったから甲田学人がまだ出てないのが意外な感じ。グロ耐性だって高そうなのにな…(偏見)やはりがっくんがマイナーなんだろうな…

    >>70
    お節介ながら5ch児童書板には忘れちゃった児童書のタイトルを探すスレ(あの本のタイトル教えて!@児童書板)があるのでどうかな?児童書板自体は過疎もいい所だけどテンプレートも有るしあのスレだけはそこそこ人いるし、もしかしたら誰か引っかかるかも…

  • 97名無し2019/03/20(Wed) 13:41:20ID:YzOTE2ODA(1/1)NG報告

    >>70
    「テーオバルトの騎士道入門」では?

  • 98名無し2019/03/20(Wed) 13:42:02ID:M4MTE0NDA(1/1)NG報告

    >>88
    これってジャンル的には昆虫図鑑なのかそれともグルメ系なのか

  • 99名無し2019/03/20(Wed) 13:44:28ID:U1OTQ4MDA(1/1)NG報告

    最初の頃はFateシリーズしか知らなかったので、ケータイさんと言われる度に昔読んでいたこのマイナー少女マンガが頭を過ぎっていた。
    「新種の寄生生物が宿主である人間とコミュニケーションを取るために自分の分身を放って携帯電話に人格を持たせる」と、ケータイくんの設定だけ抜き出すとヤバい感じがするが、内容自体は表紙のイメージ通りの個性的な人格を持った携帯電話と持ち主と周囲の人の物語を描いた平和な少女マンガなのだ。

  • 100名無し2019/03/20(Wed) 18:28:19ID:MyNTQwODA(1/7)NG報告

    三浦しおんはいいぞ、まほろ町といった定番 新作 愛なき世界はもちろん ロマンス小説の7日間は、主人公が、翻訳しているロマンス小説と現実がごちゃごちゃになっていくのがおもしろい
    エッセイもいい

  • 101名無し2019/03/20(Wed) 18:30:32ID:MyNTQwODA(2/7)NG報告

    タルトタタンの夢 ヴァンショーをあなたに マカロンはマカロンからなるビストロシリーズ ビブリアと同じ人の死なないミステリー短編集なんだが、料理の知識おもしろいし料理人がカッコいい

  • 102名無し2019/03/20(Wed) 18:32:40ID:MyNTQwODA(3/7)NG報告

    吉田篤弘 それからはスープのことばかり考えていた 台所のラジオ つむじ風食堂の夜好きです

  • 103名無し2019/03/20(Wed) 18:34:13ID:MyNTQwODA(4/7)NG報告

    fgo オケアノス好きなら魔神航路はいかがでしょう テュポーンがロリです 大事なことなのでもう一回いいますテュポーンがロリです ヒロインです

  • 104名無し2019/03/20(Wed) 18:36:21ID:Y0ODM2NTY(3/5)NG報告

    田中芳樹作品が好きな人はいる~?銀が英雄伝説、タイタニア、蘭陵王、アルスラーン戦記と色々面白いのがあるよ!

  • 105名無し2019/03/20(Wed) 18:37:38ID:MyNTQwODA(5/7)NG報告

    海外文学だと血族の物語上下 アフリカにいた人間の祖先がどう生きてきたか 小話に挟まる民話が好き
    予言によって他部族の襲撃を逃れたこどもだけのグループが自分の部族を存続させようと足掻く話です

  • 106名無し2019/03/20(Wed) 18:38:39ID:MyNTQwODA(6/7)NG報告

    アモス・ダラゴン でエーテルや霜の巨人勉強した人私以外におりゅ?

  • 107名無し2019/03/20(Wed) 18:39:46ID:MyNTQwODA(7/7)NG報告

    アクエル・タルハを打ち切りにした編集者は許さんってぐらい面白いよ…打ち切りだけど

  • 108名無し2019/03/20(Wed) 18:56:05ID:UxMDEyODA(1/1)NG報告

    中学生の時に学校にあって(8か9巻までしかなかったけど)ハマったmissing。なんで好きになったかは分からない。
    ハマったのは中1。

  • 109名無し2019/03/20(Wed) 19:35:06ID:M4MTM1MjA(2/3)NG報告

    >>98
    しいていうなら「全部」ですね。

    どの地域で何族がどんなときにどの虫をどうやって食すのか、あるいは博物誌などの記述からどの時代に何を食べてたか、著名人の誰が何を食べたのか、そういった昆虫食を通して地域の人種、文化、伝統、生態系、歴史を学べる本です。

  • 110名無し2019/03/20(Wed) 21:53:36ID:Q3MTgxNjA(5/5)NG報告

    >>96
    空鐘は良かった
    渡瀬氏のオリジナルファンタジーがそろそろ読みたい
    クローバーズリグレットとかも茅場に抱いてた異常性をきちんと指摘してくれて胸がすいたけど

    甲田学人はさ、痛いんだよこっちが幻肢痛を覚えるレベルで
    missingはともかくグリムはそれで人魚姫のあたりでギブアップした

  • 111名無し2019/03/20(Wed) 22:03:36ID:Q2ODAwODA(1/2)NG報告

    既出かもしれないけど
    ・はやみねかおる先生の作品
    先生の書く赤い夢に囚われたきり逃れられない人はきっとそう少なくないはず。作品を通して、赤い夢の世界がどんどん一つの終わりに向かっていっているので楽しみで仕方がない。
    ・「地獄堂霊界通信」
    自分の中のオカルトの原点はこれでした。今読むと登場人物同士の人間関係の大人っぽさに驚く。コミカライズがマジモンの良作なのでそっちも読んでみて欲しい、三人悪があんなにりえりー特効な見た目してたなんて知らなかったよ……。
    ・創竜伝
    続きを下さい

  • 112名無し2019/03/20(Wed) 22:06:46ID:g1NTYwNDA(1/1)NG報告

    >>106
    ココにいるぞ!いろんな神話がゴッチャになってて、大変勉強になりました。読んでて楽しかったし

  • 113名無し2019/03/21(Thu) 00:02:31ID:Q2NDcwNA=(1/1)NG報告

    氷雪系sf小説の中でも最も美しいと言われるその名もずばり『氷/アンナ・カヴァン』
    書かれる世界は刻一刻と透明ではなく灰色をした氷に包まれていくのにある少女だけはどんなに薄汚れても美しくて、そんな少女を守ろうと手を伸ばしても届かなかったり届いたと思ったらいつの間にか自分が傷つける側に回っていたりそんなだから逃げられたり。
    めくるめく世界をそのまま顔面に叩きつけられるような読書体験は初めてであとからそれがスリップストリームと呼ばれるものだと知った。
    これに限らず紙の上の「寒さ」は独特の魅力があるよね

  • 114名無し2019/03/21(Thu) 00:29:23ID:M2MTQzNjA(3/3)NG報告

    >>111
    地獄堂だと赤ん坊に呪いが返る話が児童書版読んだ時に「なんで旦那さん笑っているの?」となったが、漫画版読んだら理解出来た
    サイコホラーじゃねえか。呪いよりも旦那さんの方が怖え

    児童書でやるには黒かったりハードな話が多い

  • 115名無し2019/03/21(Thu) 00:37:49ID:MzNjE1OTc(1/1)NG報告

    >>110
    あ~確かにグロ耐性より『痛み』に対してある程度の鈍感さが必要かもしれませんね…自分は音声や映像でなければ気にならない方で毎巻の童話モチーフ、物語の元型とかの解説やら見立てが好きでした@断章のグリム
    FGOでたまに突然ある“ぐちゃっ”とかの効果音付きホラーっぽい一場面の方がひぇっなる。

    >>108
    神話や怪談、昔話、言い伝え、噂話、おまじないが好きな人の比率が高い型月民なら間違いなく好きなタイプのお話だと思いますので不思議はありませんよ!@missing
    自分はこれで『末子成功譚』という単語を知って、昔話や神話の類型に興味を持ちました。


    『末子成功譚』といえば『ハウルの動く城』原作の方でおばあさんにされてしまった主人公が「自分は長女だから何をやっても上手くいかないに決まってるんだ」と嘆く場面が有って、それが常識だとすごい理不尽な世界だなと初見時は感じたものですが、異聞帯攻略してると1つ1つの世界の常識はドン引き物だったりしますが物理法則?は比較的共通で助かるなあ。
    『末子成功譚』が常識の世界とか有ったら大変困ってた…兄姉の立場のサーヴァント呼び出し不能とか行動成功率に著しくマイナスボーナスがかかるとか…。

  • 116名無し2019/03/21(Thu) 00:50:35ID:kyMTExNTA(1/1)NG報告

    未だに、狂乱家族日記読んでます……(小声)

  • 117名無し2019/03/21(Thu) 22:35:29ID:IwNjE5MjQ(1/1)NG報告

    上遠野耕平の「事件シリーズ」
    第3巻までアトラスの悪魔絵師がイラストを描いていて、ジャケ買いしてはまってしまった。
    魔導の力があるファンタジー世界の社会を描いていて、戦地調停士(交渉人のような職業)が戦争や事件を解決、うやむやにして世界の破滅を防ぐ物語。

    超人と常識人と色々いて、キャラクター一人一人が読んでいて楽しい人ばかり。

  • 118名無し2019/03/21(Thu) 22:56:34ID:cwMzYzNDM(1/1)NG報告

    あまり本を読むような高尚な人間ではないので恐縮なのですが森見登美彦の『きつねのはなし』はどうでしょう
    短編集でそれぞれで起こる不可思議な出来事と全貌のわからないが故の崖のふちに立たされるような恐怖感と不快感、そして奇妙な生温かさを感じるのです
    目には見えないけれど確かに存在している異形の断片を覗き見るような楽しさがある作品ですゾ

  • 119名無し2019/03/22(Fri) 01:52:35ID:EzMTUyMA=(1/1)NG報告

    ・僕の光輝く世界
    表紙が新しくなって手に取りやすくなった……だろうか、もう自分の感覚を信じられない。山本弘さんは色んなジャンルの本を書くから他の作品のあらすじを読むのもいいと思う。盲目な恋はきっと美しい

    ・戦闘城塞マスラヲ
    色んな意味でレジェンド。何言ってんだこいつと思うだろうが面白かったラノベ3つ選べと言われたら読んだ人は結構な割合で選ぶ。だが真に楽しみたかったら前作読んでからの方がいいという大きすぎる問題がある

  • 120本の虫2019/03/23(Sat) 20:32:31ID:E4MTg2MDE(1/1)NG報告

    >>118
    森見登美彦良いですよね!
    京都の短編集(小さい話が部分部分で繋がってる)が好きだったのですが、何て名前だったかなぁ……?

  • 121名無し2019/03/24(Sun) 00:35:13ID:A4MjkxNTY(1/1)NG報告

     
    米澤穂信の作品はいいぞ。
    昨今だとアニメの「氷菓」で更に広く名を知られているけれど、
    本質のミステリーはどの小説も逸品。
    映像化されている「氷菓」、「インシテミル」等でまずは探ってみて、
    もし自身の感性に合って実際に小説を読むとなれば
    『犬はどこだ』辺りを薦めたい。

    Aの事件を追う探偵と、Bの事件を追う探偵の後輩がそれぞれの事件を調査するうちに、
    いつの間にかCの事件に巻き込まれている事に気付くという大筋の物語。
    凡百たるタイトルの『犬はどこだ』というのが、物語の最後まで堪能してみると、
    この話にはこの題名こそが一番相応しいと思わせる構成の妙技が見事すぎる。

    更に他の小説を薦めたい気持ちはあるけれど、とかく言いたいのは只一つ。
    米澤穂信の作品はいいぞ。
     

  • 122名無し2019/03/24(Sun) 01:50:36ID:E5NjAzOTI(1/1)NG報告

    伊坂幸太郎はよく読みますね
    『死神の精度』『死神の浮力』と『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX』とかこの辺はキャラや世界観の設定が立っているので、普段ラノベしか読まない自分みたいな人でも読みやすいと思う

  • 123名無し2019/03/24(Sun) 01:55:52ID:UxODI0ODk(4/5)NG報告

    >>122
    伊坂幸太郎はその作品たちも好きですが重力ピエロも好きです。主人公の母が暴漢に犯されて生まれた弟を「自分の息子」だと認めそして愛した親父さんが格好よすぎる。

  • 124名無し2019/03/24(Sun) 08:37:56ID:c2OTQ2MTI(1/1)NG報告

    山田風太郎の忍法帖シリーズ
    バジリスク(甲賀忍法帖コミカライズ作品)→甲賀忍法帖で読んでたんだけど、10年経って英霊剣豪七番勝負が魔界転生のオマージュだと聞いて、久々に山風読んでみるかなーで見事にハマった。
    作品の質はピンキリって聞いたけど基本的どれも面白いのがすごい。もともと忍者大好きだからすごく楽しい。
    英霊剣豪七番勝負は魔界転生への愛があると思う。

  • 125名無し2019/03/24(Sun) 09:35:06ID:UxODI0ODk(5/5)NG報告

    >>124
    わかる自分も好きだよ。2000年代に再刊された角川文庫のシリーズ以外にも講談社やそれ以外のところから出た忍法帖シリーズも読んだよ!
    甲賀忍法帖、伊賀忍法帖、忍法剣士伝、忍法月影抄、信玄忍法帖、外道忍法帖など好きな作品は多い。

  • 126名無し2019/03/24(Sun) 10:51:37ID:kyNjkwODg(1/1)NG報告

    >>118
    森見登美彦のその系統なら宵山万華鏡好き

  • 127名無し2019/03/24(Sun) 11:02:24ID:EwOTYyMzI(1/1)NG報告

    ランドル・ギャレットの「魔術師が多すぎる」
    マイク・レズニックの「一角獣をさがせ!」
    上遠野浩平の「殺竜事件」
    米澤穂信の「折れた竜骨」

    この辺は異能ミステリーが好きな古いタイプの型月厨なら琴線に触れると思う
    後はロードエルメロイ二世の事件簿を読んで面白いと思える人にも勧める

  • 128名無し2019/03/24(Sun) 11:04:43ID:A1MzA5NTY(2/2)NG報告

    >>120
    『新訳 走れメロス』が京大生を主人公にそれぞれ独立しながらも微妙につながった短編集だったような気がします、森見登美彦先生の作品を全て読んだわけではないので他にもあるかもしれませんが…

  • 129本の虫2019/03/24(Sun) 15:18:35ID:kwODgzMjQ(1/2)NG報告

    >>122
    死神の精度良いですよね

  • 130名無し2019/03/24(Sun) 19:17:37ID:Q4NzYyNDg(1/1)NG報告

    愛読書なら「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」だな。まあ他にも色々あるが
    ぜんぶ型月民にオススメかというと首をかしげるな

  • 131本の虫2019/03/24(Sun) 19:41:03ID:kwODgzMjQ(2/2)NG報告

    >>126
    それだぁぁぁぁぁぁぁ!!!
    >>120

  • 132名無し2019/03/24(Sun) 20:08:06ID:I5OTk3NjQ(1/1)NG報告

    愛読書、と言っていいのかわからんが、Newtonはいつも読んでるな。あれはいつ読んでも発見がある。

    文庫とかだと、最近読んだ中では「薬屋のひとりごと」と「鹿の王」が面白かったかな。

  • 133名無し2019/03/24(Sun) 20:41:40ID:E5MjM2MDQ(1/1)NG報告

    高橋克彦「総門谷」
    超能力で現代まで生きてきたソロモン王が日本を拠点にハンニバルやキリスト、ジャンヌダルクなど歴史上の偉人を死徒として復活させ、世界規模の陰謀を企んでいる。その事実を偶然にも知ってしまった主人公たちはソロモン王の陰謀に立ち向かっていく。

    …というどっかで聞いたようなお話。
    ケレン味のある作品で決して名作ではないが、内容が斜め上にぶっ飛び過ぎてクセになる。
    イエスキリストがUFOに乗ってたら主人公の能力で墜落事故死したなんて描写は、後にも先にもこの作品以外存在しないだろう。

  • 134名無し2019/03/24(Sun) 21:03:05ID:I1MDQ0MTY(1/1)NG報告

    やっふー甲田学人作品の話題があるぞー!
    Missingは持ってないけど断章と童話の夜とノロワレ霊感少女は持ってる。霊感少女最新刊まだですか?(´;ω;`)

    キツかったシーン
    ・Missing:片眼に細かな硝子の破片PON☆
    ・断章のグリム:シチューのお肉は私です
    傷口から植物の芽がこんにちは
    病院で増殖テロ発生
    体の中にお魚さん

    ぶっちゃけキアラに人魚姫読ませたらどうなるかなと思うこの頃

  • 135名無し2019/03/24(Sun) 21:27:45ID:UwNzY5MDQ(1/1)NG報告

    >>134
    キレるのも良いしこれ絶対違いますぅー!ってベソかくのもcute

  • 136名無し2019/03/24(Sun) 21:57:58ID:AxNDc1NjQ(3/3)NG報告

    >>114
    あのシリーズはKKK団とか介護老人の虐待とかディープなネタが多すぎる...。

    個人的にオカルト関連で好きなのは加門七海の心霊エッセイ。壇之浦で幽霊にセクハラしたり平家の亡霊を清盛神社にお連れしたり、家に現れた狐をお稲荷さんに修行に出したり、幽霊の侍にナンパされたりといった微笑ましいのが多い、
    ただ画像のに収録されてる三角屋敷はかなりヤヴァい話で、大まかにネタバレすると「入居者が生け贄になるようにあらかじめ設計された呪いのマンション。何らかの儀式をしているらしく、それに作者の知り合いが引っ越して」というリアルオガワハイム。

    >>135
    正直甲田作品はキアラでも読むのキツいと思う...。

  • 137『悪魔の辞典』の一例2019/03/24(Sun) 22:34:54ID:k5NDAyNTI(1/1)NG報告

    >>37
    王子さま(prince) ロマンスの世界では田舎娘に、現実の生活では友人たちの細君に愛情を施す青年紳士のこと。

    大砲(cannon) 国境を修正するために用いられる道具。

    誕生(birth) 数ある災難の中で、最初に訪れる最も恐ろしい災難。

    法律家(lawyer) 法律の裏をかく技術に熟練している者。

    未亡人(widow) 旦那がどこに居るか何時でも知っている人。

    友情(friendship) 天気のよい時には二人乗せることができるが、天気の悪い時には一人しか乗せることができないくらいの大きさの船のこと。

    火葬(cremation) 冷たくなった人間を暖め直す操作。

レス投稿

1.レス内の『>>(半角数字)』はアンカー、『http~』から始まる文字列はテキストリンク、
 YouTube・ニコニコなど一部動画サイトURLはプレイヤーに自動変換されます。
 アンカーは各レスの『』をクリックで自動入力が可能です。
2.名前の後に『#(任意の文字列)』でトリップを生成可能です。(※2ちゃんねると互換性なし)
3.画像投稿は1回の投稿につき1枚まで可能、各画像はサムネイル表示されます。
 GIF形式の画像はクリックまたはタップで再生されます。
4.誹謗中傷・暴言・煽り・スレッドと無関係な投稿は削除・規制対象となる場合がございます。
 また、他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。
※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください。
 規約違反がある場合は各レスについている『報告』ボタンから管理人へ通知可能です。
 個別の削除依頼は『お問い合わせ』からご連絡ください。